日本決勝トーナメント進出ならず@ラグビーワールドカップ 

『ラグビー史上最大の番狂わせ』と言われた、対南アフリカ戦の勝利、そして対サモア戦で勝利して2勝を挙げたラグビー日本代表チーム。残りのアメリカに勝てば、決勝トーナメントへ進出とも思われましたが、残念ながら敗退が確定しました。

日本チームがいるプールBは、すでにアメリカ対日本の試合を残して、全試合終了しています。南アフリカは日本に負けても、他の試合はすべて勝利。トライの多さや対戦チームとの得点差で一番ポイントが高いです。それに次いでたのが日本が負けたスコットランドチーム。もしスコットランドチームに勝っていたら、決勝進出はほぼ確実でした。

昨日サモア対スコットランドの試合が行われました。最初はサモアチームが優先していましたが、さすが決勝トーナメントをかけて粘りのスコットランドチーム。36−33とわずかな差ですが勝利しました。これにより残念ながら日本は最後の試合をまたずに敗退が確定しました。

しかし今回のラグビーワールドカップにおける日本チームの活躍は、ラグビー発祥の地イングランドでも賞賛されました。強敵の多いヨーロッパチームとも対等に戦える強いチームに育ったようです。今回は決勝トーナメントに出れなくても、対アメリカ戦でも勝ち、夢の3勝を果たしてほしいですね。

プールの組み合わせが違っていたら、決勝トーナメントに出場できたかもしれません。2019年の開催地は日本。すでに出場は確定していますが、決勝進出、優勝でさえ夢じゃない、堂々としたチームに成長してほしいですね。明日の対アメリカ戦では素晴らしい試合を楽しみにしています。

プールBの試合結果

プールBの試合結果

広告
カテゴリー: 日本 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中