オーストラリアは10月4日から夏時間

三連休を楽しんでいるシドニーですが、昨日から突然夏がやってきました。そして今日、シドニーでは35度を越す予定です。これは猛暑としか言いようがありませんね。ら火曜日から3学期が始まりますが、それを前に家族で海水浴に行く人たちも多いようです。

今日10月4日からオーストラリアは夏時間に入りました。オーストラリア全域が夏時間を採用していないので、これからは時差が複雑に分かれます。まずシドニー(ニューサウスウェールズ州)メルボルン(ビクトリア州)ホーバート(タスマニア州)そして首都キャンベラでは、日本との時差が2時間になります。同じ東海岸でもブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなどのあるクイーンズランド州では夏時間を採用しないので、日本との時差は1時間のままです。

アデレードのある南オーストラリア州は、中途半端ですが日本との時差が30分です。夏時間を採用するので、これからは90分(1時間半)日本より早くなります。ダーウィンのあるノーザンテリトリーでは、夏時間を採用しないので日本より30分早いままです。

オーストラリアの1/3を占める西オーストラリアは、北から南までありますが夏時間を採用しません。そのために日本より1時間遅いままです。日本が正午の時に朝の11時です。夏時間は来年4月の第一日曜日まで続きます。

10月4日午前2時が、午前3時になります。シドニーの時計では明日は24時間ではなく、23時間しかないことになります。寝る前に時計を1時間進めてください。例えば10時に寝るなら、11時に合わせておくこと。明日予定が入っている方は、時計に十分注意してください。スマートフォーンの持っている方は安心してください。電話が勝手に合わせてくれるようです。

下記の地図はサマータイム(夏時間)中の時間です。UTC(協定世界時)にこの時間を足してください。日本時間はUTC+9になります。

Australia-Timezones-Daylight

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中