『鯨の背に乗って鯨見物するアシカ』の写真に話題騒然

オーストラリアは今鯨ウォッチングのシーズンです。南半球が冬の間、暖かい海で過ごした鯨たちが、南氷洋を目指して南下しています。シドニー湾にもたまに都会見学をしたい鯨が入ってきます。私は実際にシドニー湾で見たことはありませんが、ポートスティーブンやハーヴィベイで、鯨ウォッチングをしたことがあります。

This seal hitched a ride on the back of a humpback whale. Photo: Robyn Malcolm/Diimex.com

This seal hitched a ride on the back of a humpback whale. Photo: Robyn Malcolm/Diimex.com

鯨を見ることはできても、近くで見れる機会は少ないですね。ましてやと鯨がジャンプしたりする姿は、まだ一度も見たことがありません。鯨は一度息をすれば30分ぐらいは軽く潜れるそうです。鯨を近くで見るだけで感動しますが、こんな写真が撮れたら、これは奇跡に近いかもしれませんよ。

その写真を撮ったのは、オーストラリアの写真家Robyn Malcolmさんです。この写真はシドニーから南へ行ったビクトリア州境に近いエデンの沖で撮られたそうです。彼女は鯨ウォッチングに行き、ちょうど餌を採っていたザトウクジラを写真撮影していたようです。その写真を後でゆっくりと観察すると、その中に鯨の背に乗ったアシカの写真を見つけたそうです。

This seal hitched a ride on the back of a humpback whale. Photo: Robyn Malcolm/Diimex.com

This seal hitched a ride on the back of a humpback whale. Photo: Robyn Malcolm/Diimex.com

NSWナショナルパークアンドワイルドライフの鯨のエキスパート、Geoff Rossさんの話によれば、『鯨とアシカが仲良くするのはあり得ないこと。前に一度そんな話を聞いたことがあるが、その時は鯨に食べられないように、アザラシがザトウクジラの背に乗ったそうだ。』それにしても珍しい写真ですよね。アシカは曲芸が得意な動物ですが、これはウルトラC。オリンピックで言ったら金メダルですね。

英語ではSealと呼ばれていますが、日本語ではアザラシ、アシカ、オットセイと訳されています。さてこの違いご存知ですか?写真を見る限りアシカのようですが、日本語でブログにしている方は、アザラシだったりオットセイの方もいます。この違いについては『イルカ・クジラ・アシカ WORLD』から アシカ・アザラシ・オットセイの違いを参照してください。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中