『レユニオン』に漂着したのはMH370の残骸か?

『レユニオン』という島がどこにあるかご存知ですか?フランスの海外県になりますが、インド洋に浮かぶこの島が、マダガスカルの近くにあるのを知っている人は少ないと思います。近くにモーレシャス島がありま。こちらは独立国ということもあり、日本人にも名前が知られていますね。

佐賀県よりちょっと大きいぐらいの島ですが、ここで飛行機の翼と思われる残骸が発見されました。この飛行機は去年3月から消息をたったまま行方不明になっている、『マレーシア航空MH370便』と同じボーイング777の機体と見られています。

レユニオンで発見された飛行機の残骸 by 9 news

レユニオンで発見された飛行機の残骸 by 9 news

あれからすでに1年以上たっていますが、今までMH370便の残骸と思われる物体は一切見つかっていませんでした。オーストラリア政府はマレーシア政府や中国政府と享禄して、、上空からまたは船の上から海底まで調査を続けてきました。

これだけ残骸が見つからない事故も珍しいですよね。まるで神隠しにあったように、その行方が謎に包まれたままでした。もしこの残骸がMH370便の一部であれば、海流を詳しく調べれば、どの辺りで事故にあったの解明できるのでしょうか。

機体はフランスに送られて調査されるそうですが、写真やデーターがオーストラリア航空安全局にも送られてきています。その写真をボーイング社に送って、マレーシア航空MH370便のものかどうか確認するそうです。

島に流れてきたスーツケース by 9 News

島に流れてきたスーツケース by 9 News

商業ジェット機の操作活動としては、世界最長になっているそうですが、マレーシア航空の機体の一部であれば、操作活動にやっと明かりがさすことになるのでしょうか。乗客の中にオーストラリア人もいましたが、多分この操作活動で一番活躍しているのは、航空会社とも、フライトの発着は到着空港、事故が発生した現場とも、ほとんど関係のないオーストラリアです。

念のためにその費用は私たちの税金で賄われています。保険で払われるのか、マレーシア航空が払ってくれるのか?税金を負担する国民としては、ちょっと考えてしまいます。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中