引越し物語 その4『TPGーインターネットが繋がらない』

引越しすると手続きするのがいくつかあります。まず郵便局に郵便物の転送手続きをして、電気、電話、水道、ガスなどの公共料金の手続きが必要になります。アパートを賃貸すると、水道は料金に含まれていますが、それ以外は自分で手続きします。

友達と住むので今回はすべて契約を切り、それぞれ新しい業者と契約することになりました。そのうちガスは初めてなので友達の名前で契約してもらい、電気はそのまま我が家の会社と契約更新しました。

今回一番問題になったのが電話とインターネット。電話とインターネットと別々に契約することもできますが、バンドルと呼ばれる『電話とインターネットをひとまとめにして契約する』ことにしました。

大人が3人もいればインターネットの使用量も増えるので、なるべく許容量の多いのを探していましたが、インターネットが無制限で、オーストラリア国内の固定電話、携帯電話にすべて無料でかけられるものにしました。

早めに申し込んで引越しの翌日には利用できるようにしたのですが、1日前になって、『接続は来週になるから、、』というメールが届きました。今回『TPG』と契約しましたが、その時の条件として、『サービスが遅くなっても文句を言わないこと』にサインをしなければなりませんでした。料金が安い分、サービスが遅くなることもあり得るということでした。

オーストラリアの電話線は、もと国営で民営化された『TELSTRA』が持っています。民営の電話会社はこの会社から電線を借りることになるので、電話を新規に契約する場合、契約した電話会社のサービスマンではなく、『TELSTRA』のサービスマンが繋ぐことになります。

その日までインターネットをどうするか?これが私たちにとって一番の問題になりました。

TPGのバンドルディール

TPGのバンドルディール

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

2 Responses to 引越し物語 その4『TPGーインターネットが繋がらない』

  1. moonbeam より:

    引っ越して新たに電話とインターネットを繋げてもらうのは、本当に大変です。
    私も二回経験しましたが、特にテルストラから他の会社へ移った時は、テルストラがサボタージュして、まだ引っ越す前に電話を切ってしまったり、繋がるのも3週間ぐらいかかったような気がします。
    それに今はみんなインド人系のアクセントのオペレーターと話さなければならなくて、ストレスがたまりますよね。
    とにかく無事繋がってよかったです。

    • takechan より:

      MBさんコメントありがとうございました。
      今回繋がるのに一週間かかりましたが、
      つなぎに来てくれた人はインド人でしたが、
      とても良かったですよ。
      あんまりインド人と人種差別しちゃいけないかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中