ジョニー・デップの愛犬無事帰国

昨日まで世界中で話題になっていたジョニー・デップの愛犬。『オーストラリアで死刑か?』と騒ぎ立てたアメリカのメディアもあったそうです。オーストラリアでは人間がどんな犯罪を犯しても『死刑』はありませんが、動物の場合はそうはいかないようです。

オーストラリアは他の大陸から離れていることもあり、独特の動物が見られるユニークな国です。狂犬病さえない国。世界一の羊毛産出の国としては、動物検疫だけでなく植物検疫も世界に類をみない厳しい国です。

愛犬の飼い主がスーパースターだから話題になったのでしょうが、ちゃんと税関申告をしなかったのは飼い主の過失、どんな結果になっても文句はいえないはずです。

50時間の猶予を与えられ、豪華なマンションを検疫所にしていたに愛犬たちは、昨夜無事に帰国しました。もちろんジョニー・デップのプライベートジェットです。一回シドニーからアメリカ西海岸まで飛ぶのに、いくらかかるのでしょうね。

ジョニー・デップが一緒に帰国したら、『映画撮影で働いているスタッフの給料が払えなくなり、たくさんに人たちが失業するよ』と脅されましたが、彼の指の怪我で予定より遅れていることもあり、彼はオーストラリアに残ることになりました。

オーストラリアの新聞には『テロとの戦い』とまで書かれていましたが、テロリスト(ジョニーの愛犬)が無事に帰国することになり一件落着したようです。もう二度と愛犬を連れてオーストラリアにくるスターは現れないでしょう。

ゴールドコースト空港から出発したジョニーのプライベートジェット

ゴールドコースト空港から出発したジョニーのプライベートジェット

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中