世界一周入門 その25『添乗員になる』

『タダで旅行できてラッキー』なんて甘い考えで添乗員になると、後で後悔するかもしれませんが、私には添乗員経験のある友人がたくさんいます。今でも一生に仕事として続けている人、たまに添乗している人といますが、こんなに簡単に海外旅行できる仕事はありませんね。

ただし海外旅行経験者が多いと、添乗員の方が知らないということもあります。仕事内容を把握しておくこと。リーダーシップがあること。どんな人でも好きになれること。そしてトラブルに巻き込まれても、落ち着いて判断できる能力があること。などいろいろと求められるのが添乗員です。

添乗員はハードな仕事です。ツアーに参加されている方をまとめながら、皆さんに喜んでもらえることが大切です。というわけで私は半分失格でしたが、それでも2年間添乗員をやったことは、人生においても良い経験でした。ただしストレスが溜まって、白髪が増えることは覚悟しておいてくださいね。

how_img01

 

添乗員になるには、添乗員会社に雇われるのが一番早いです。JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行、阪急など、日本の大きな旅行会社は、それぞれ添乗員を派遣する専門の会社を持っています。そこの添乗員になれば、基本的にはその会社の添乗のみします。

添乗員をツアーコンダクターと呼んでいますが、添乗員を派遣する専門の会社もあります。この場合いろんな会社の添乗をすることになります。こちらの方が大きな旅行会社の専門添乗員になるより、登録しやすいかもしれません。

まずこういった添乗員派遣会社に登録して、基礎添乗業務研修を受講します。現在は『eラーニング講座』があるので、18歳以上であれば登録する前に受講できるそうです。次に旅程管理研修を受けます。この際、国内添乗のみの『国内旅程管理』と海外も添乗できる『総合旅行管理」があります。

210402-465Z9493

研修が終わったら、実際に『添乗実務』を経験しなければなりません。私は派遣会社で行われた海外旅行研修に参加しました。添乗員派遣会社に登録するさいに、『研修旅行』について尋ねると良いと思います。添乗実務が終了すると、『旅程管理主任者証』が修得できます。

これから添乗員になりたい方は、『日本添乗サービス協会』のサイトを参考にしてください。ここでは添乗員派遣会社のリストがあるので、ここから登録会社を探すのも良いですね。私が添乗したころは、東京と大阪にしか派遣会社もありませんでしたが、現在は日本各地にあるようです。

 

広告
カテゴリー: 世界一周 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中