『この眺めはお金では買えない!!』シドニーの住宅事情

シドニーの平均家屋値段が1億円近くになろうとしている現在、レントしている人たちにとって安い住まいを探すのは大変なことです。遠いところに住む、狭いところに住む。汚いところに住む。と条件を落とさないと安い物件は探せません。

 

遠くにシドニータワーが見えます。

遠くにシドニータワーが見えます。

 

シドニーに来て最低15件は住んだと思いますが、若い頃は働けば収入があり、それなりの良い条件のところに住むこともできました。しかしだんだん年齢とともに収入が少なくなると、また別の条件を考えなければなりません。

特に私はシドニーだけを拠点にせず、フリーに旅をしながら住むという選択をするつもりなので、シドニーの住まいはなるべく安いところを探しています。今のところ友達と一緒に移り住んでいますが、この友達の生活基盤に応じて移り住んできました。

天井のペンキが剥がれた古いアパートですが、、

天井のペンキが剥がれた古いアパートですが、、

私がアメリカに行くようになった時、このアパートに移ってきました。前のアパートはほとんど新築同然で、車が2台はいりしかも荷物置き場があるような大きなガレージ付きのアパートでした。でも線路に近くてうるさいのと、西日が強くて暑いのが嫌でしたね。

このアパートは9年前に入った時週180ドルでした。前のアパートが340ドルに値上がりするというので引っ越ししたのですが、それはそれは古くて汚なかったです。それでも一生懸命掃除して住む心地よくしました。あれから9年、このアパートも今月から週320ドルになります。

この青空で気分爽快

この青空で気分爽快

そこで引っ越しすることになりました。あと一週間でこのアパートをでますが、出るとなると愛着がうまれますね。というのはこのアパートの眺めは『この街一番』かもしれません。1日中日が当たる環境、そしてこの解放感は『お金』では買えません。

東を見るとシドニータワーが見えます。空港から出発する飛行機だってここでチェックできます。北向きで一日中が日が入り(シドニーは南半球です)、夕陽はみえますが強い西日ははいりません。まさに絶好の場所です。

引っ越ししたくないよ。どこに引っ越しすかは、今度お話しますね。

毎日夕日がみれました

毎日夕日がみれました

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中