キリオス、フェデラーに勝つ@マドリッドオープン

パット・ラフターがリタイヤーして、レイトン・ヒューイットが30歳を過ぎて怪我が多くなりあまり優勝できなくなってから、スタープライヤーがいないオーストラリアテニス界です。

バーナード・トミックは、15歳のとき出場した全豪オープン男子ジュニアシングルスで優勝してプロに転向しています。2009年の全米オープン男子ジュニアシングルスでも優勝、その後の躍進を期待されましたが、2013年のシドニー国際で優勝したのみで、あまりツアーの成績は芳しくありません。

対戦結果

対戦結果

現在期待されているのが二ック・キリオスです。彼がプロに転向したのはわずか2年前、2013年の全豪オープン男子ジュニアシングルスに優勝したのがきっかけでした。まだツアー優勝はありませんが、2014年前衛オープンでは4回戦でラファエル・ナダルを破りました。当時ランキング144位の選手が、ランキング1位の選手を破ったのですから大波乱と話題になりました。

今年の全豪オープンでは、4回戦でアンドレアス・セッピを破り、地元勢では10年ぶりのベスト8進出をはたしました。4大大会男子シングルスのティーンエイジャーで、2回以上ベスト8進出したのは、2001年のロジャー・フェデラー以来という好成績です。しかし準優勝したアンディ・マレーに敗れてました。

フェデラーに勝ったキリオスby Daily Telegraph

フェデラーに勝ったキリオスby Daily Telegraph

この全豪オープンでは慈善試合で、フェデラー選手の相手をしたのがキリオスでした。コートで対戦したことはありませんでしたが、本日行われたマドリッドオープンでフェデラー選手と初対戦、接戦の上キリオス選手が勝ちました。

今度は錦織選手と対戦するようですが、う〜んどちらに応援しようかな。もちろんオージーにしますよ。だって最近なかなか強い選手がいないので。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中