アナスタシア・パラスズキュークQLD州首相に就任

クーインズランド新首相の名前が発音できませんでした。よろしければ『何て発音するの?『Annastacia Palaszczuk』QLD首相』をご覧ください。

グレートバリアリーフの観光地、豊富な石炭、そして農作物で知られるクイーンズランド州の新首相に、アナスタシア・パラスズキュークQLD労働党党首が就任しました。総選挙は1月31日に行われ、『州の現首相が議席を落とす』という、クイーズンランドの歴史において、前代未聞のハプニングもありました。

オーストラリアの選挙は、国籍を持つ18歳以上の国民に義務付けられています。国土が広大なために郵送による投票も可能で、選挙区で議席が確定するのに時間がかかります。

『優先順位付連記投票制』を採用していますが、各候補者の氏名に『優先順位』をつけ、全ての候補者に番号を記入しなくてはなりません。空白がある場合は、『無効票』になります。得票が有効投票総数の過半かどうかがポイントとなり、候補者全員が過半数未満の場合は、いずれかの候補者が過半数を獲得するまで、票の獲得が最も少なかった者の票を順次再配分します。

そのために最初の投票では第2位でもあっても、この方式によって当選することもあります。選挙が終わっても一週間が終わっても、最後の一つが議席が確定していませんでした。

QLD州政府の総議席は89ありますが、労働党が43議席、クイーンズランド自由国民党が42議席、カッターオーストラリア党が2議席、無所属が1議席獲得していました。どの党も過半数には達していません。最後の議席を労働党議員が獲得して44議席になりました。

この間議席を失ったニューマン前首相に変わり、新しいクイーンズランド自由国民党党首選出が行われました。どちらの党とも過半数に達するために、カッターオーストラリア党や無所属の議員にアプローチをして、政権獲得を目指しました。最終的に無所属の議員が労働党に協力することになり、アナスタシア・パラスズキュークが州首相に就任することになりました。

このように無所属の議員によって議会の均整が変わることを『パワーオブバランス』と呼んでいます。2大政党制では最大議員政党が政権を担当し、政党の政策が実行されるはずですが、『パワーオブバランス』を握る無所属議員の意見を反映しなければなりません。

選挙前はわずか9議席しかなかった労働党が、44議席まで大躍進しました。クイーズンランド州がどのように変わるかは、これからの各州の選挙にも影響します。この選挙のわずか10日もしないうちに、アボット首相の辞任を求める議員総会が開からました。何とか否決され首相に留まりましたが、不人気はこれからも上がりそうです。

クイーンズランド州首相

クイーンズランド州首相

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中