ノバク・ジョコビッチ男子シングルス優勝@全豪オープン

女子シングルスはセリーナウィリアムズが優勝しましたが、昨日は男子シングルスの決勝戦がありました。決勝に進出したのはシード1位のノバク・ジョコビッチ選手とシード6位のアンディー・マレー選手でした。

第1セットはタイブレークでジョコビッチ選手が取りましが、第2セットになると彼の足のふらつきなどが目立ち、このままでは最後までは持たないのでは思いました。タイブレークまで持ち越しましたが、このセットは落としました。その後は第3セット、第4セットとシード1位の貫禄を見せ、全豪オープン5度目の優勝を果たしました。

男子シングルス決勝戦試合結果

男子シングルス決勝戦試合結果

試合終了後のインタビューでマレー選手は、『あの足のふらつきは偽物で、こちらに油断を与えた』などと答えていましたが、ジョーコビッチ選手は否定して、『あの時は調子が悪かった』と答えています。

マレー選手が負けるたびに、応援に駆けつけていたフィアンセが、『Fワード』を口にしていたのがテレビでアップされましたが、マレー選手の活躍よりも話題になっていましたね。

賞金額が1億円ぐらい異なれば、試合も途中でやめられないでしょうが、不調でも最後まで頑張る選手だからこそ優勝でき、ランキング1位に長いこと居座ることができるのでしょうね。

1月いっぱいテニスとサッカーで燃えた私ですが、ついに終わってしまいました。でも今年は女子サッカーワールドカップもあるので、6月を楽しみにしたいと思います。

 

優勝したジョコビッチ選手

優勝したジョコビッチ選手

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中