ワールドプレミア『アンブロークン』@シドニー

G20首脳会議に出席した首脳陣達が、帰国したりシドニーを訪れたりするなか、シドニーはこの主脳会議以上に大きな話題に包まれています。このブログでも何度か紹介しましたが、去年私も『エキストラ』で出演する予定だった、アンジェリーナ・ジョリーが監督を努めた『アンブロークン』が、昨日シドニーで初上映されました。

『アンブロークン』は、彼女の監督第2作です。第二次世界大戦中、旧日本軍の捕虜になった元五輪選手の米軍パイロット、『ルイス・ザンベリーニの半生』を描いたものです。もちろん上映にはアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが出席しました。ふたりは今年正式に結婚式を挙げ、マルタ島では久しぶりに二人で共演した映画の撮影をしているようです。二人はオーストラリアがお気に入りのようで、もう一度映画のロケをしたいと話していました。

ザンベリーニを演じた主役の『ジャック・オコンネル』や、彼を痛めつける軍人を演じた日本のミュージシャン、『雅-MIYAVI-』なども出席したようです。エキストラには試写会の案内でもあるかと思っていましたが、残念ながら何の通知もありませんでした。

『反日映画』と言う批判もあるようですが、まだ見ていないので何とも言えません。昨夜この映画を見ていた、ラジオのパーソナリティーが、映画を見て気持ちが悪くなり(軽い心臓発作のようです)病院に担ぎ込まれました。映画のシーンには一部、『かなり際どい場面』もあるそうです。ただし日本で上映される際には、一部海外で上映される部分がカットされるそうです。

『アンブロークン』ワールドプレミア@シドニー

『アンブロークン』ワールドプレミア@シドニー

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中