まりちゃんに会いに行こう

私の友達がブリスベンからやって来ました。そうアメリカからオーストラリアに来たとき、ブリスベン国際空港に迎えに来てくれた友達です。彼女とはオーストラリアに永住して以来の友達ですから、もう何年お付き合いしているのでしょうか?ガイド仲間はシドニーの掛け替えの友達ですが、その中でも気楽にお付き合いできる友達のひとりです。オーストラリアに親戚のいない私にとって、自分の家族がいない私にとって、何でも話せる友達です。

シドニーを離れて以来、なかなか会う機会のない友達です。数年会う機会がない時もありましたが、今年は嬉しいことに、これまでに二度会っています。4月には病気の友人を見舞いに来てくれました。私にとって姉がわりに慕っていた先輩が末期がんでした。彼女に会えなかったけど、最後に会いたいとわざわざシドニーに来てくれました。そんなにとっても深い思いやりにある人です。

ブリスベンに遊びに行くと言うと、わざわざ空港まで迎えに来てくれたり、わざわざ遠くに住む友人の所まで送ってくれたりと、精一杯掛け値なしで心配してくれます。私の家族だってここまでしてくれないかも、、。家族以上に面倒みてくれます。だから彼女がシドニーに来る時は、家族以上に『暖かい心で迎えて上げたい』と思います。

先日『マリちゃんが来る』と言うので皆で集まりました。人数は少なかったけど、彼女のお陰で何人かの友人に会えました。そうでもしないとなかなか会う機会のない昔の仲間です。『皆彼女に会いたくて集まったけど、私だったら集まってくれないかも?』と、つくづく彼女の暖かさを改めて見直してしまいました。

そんな彼女が、今日は研修もなく移動日です。共通の友達の所に行くと言うので、私も便乗することにしました。今日は私が彼女の足代わり、『何処へでもお供しまっせ!!』こんな気持ちにしてくれる彼女は、一緒にいるだけで言葉は要りません。近くにいてくれるだけで、なんだか安心します。『シドニーに戻って来てくれないかな?』でもそれは私のわがまま。辛い思い出もあるこのシドニーに、その気持ちが癒されるまで、二度と住むことはないでしょう。

この写真は『撮るな』と嫌われて撮った写真です。だから横からの隠し撮り。もう二度と撮ることはないでしょうが、私の大事な友達を紹介しておきますね。

怒られながら撮った写真です

怒られながら撮った写真です

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中