ゴールドコースト2014 その3『ゴールドコーストのバッパー』

ゴールドコーストに来るのは3年ぶりですが、ゴールドコーストの街を歩くのは何年ぶりでしょうね。友達の家にお世話になっていましたが、今年は久しぶりにゴールドコーストに泊まってみることにしました。ゴールドコーストはシーワルドのある北のから、空港がありNSW州との州境クーランガッタまで75kmに分かって海岸線が続いてます。一口にゴールドコーストと言っても、それだけ長いので何処に泊まるかが、観光のポイントになります。

ゴールドコーストの高層マンション『Q1』

ゴールドコーストの高層マンション『Q1』

レンタカーでもあれば静かなリゾートホテルもお薦めですが、交通の便が良い所に泊まりたければ、『サーファーズパラダイス』が一番便利かもしれません。ゴールドコーストはバスの便の良い所で、テーマパークに行くのも特に問題ありませんでしたが、『Gリンク』がオープンしてからは、海岸前沿いに運行されているので、ちょっと遠くのホテルに泊まってもさらに便利になりました。

太平洋に面したビーチ沿いのコンドは、ハワイのワイキキと一緒で高いですね。高い部屋から真っ青なビーチを眺めるのは楽しいですね。10年前に比べると高層のコンドが増えました。特に2005年『Q1』が出来てからは、ゴールドコーストのスカイラインがガラリと変化しました。何と言ってもこの建物はオーストラリアで一番高いだけでなく、住宅用の建物としてはドバイに『マリナトーチ』が完成するまで、世界一を誇っていました。一部ホテルとしてオープンしておりますので、ゴールドコーストに来た時に泊まってみるのもよいですね。

二人ならホテル代も安くつきますが、一人ではどうしても高くなるので、泊まるのはいつもバックパッカーです。ゴールドコーストハイウェイ沿いにはたくさんバッパーが集まっています。眺めもプライバシーもないけど、バッパーなら安く泊まれます。ドミトリーからプライベートルームまで、バスルームやトイレはシェアーの所が多いですが、特に長期滞在する人には安くつきますよね。中にはここで仕事をして滞在費をタダにしている人も多いようです。

ゴールドコーストにはキッチン付のコンドが多いので、スーパーも歩けばすぐに所にあります。バッパーには台所があるので、自炊すればもっと安くあがります。バッパーは朝食(パンとコーンフレークにコーヒー又は紅茶)がついています。これだけでも一食分浮くかな?残念ながら私のような年配者は少ないのですが、これからもバッパーで旅行を続けます。

私が泊まったバックパッカー

私が泊まったバックパッカー

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中