ゴールドコースト2014 その2『ゴーカード@ブリスベン&ゴールドコースト』

ブリスベンやゴールドコースト市内の公共交通システム『トランスリンク』を利用するには、『go-card』と呼ばれタップ式のカードが必要です。これは東日本鉄道の共通乗車カード、電子マネーの『Suica』と同じようなもので、カードにお金を入金しておくと、タップするだけで運賃が清算されるシズテムです。日本では当たり前になって来ていると思いますが、アメリカやオーストラリアでは、ここ数年で導入されたシステムです。私が3年前に来た時は、公共バスなど利用しなかったせいもありますが、このシステムはなかったような気がします。

『go-card』はブリスベン市内とゴールドコーストで利用することができます。両方の街に会わせて数日以上滞在すれば、元が取れるかもしれません。と言うのはこのカードを購入するのに、10ドル程カード代が必要です。返却すればもどってくるのかどうかわかりませんが、このカードが高いので、数回の利用では元が取れないかもしれません。 一回のシングルチケットも購入できますがこれが意外と高くて、『go-card』を利用するとかなり割引があります。またオフーピクシーズンの割引も受けられます。

例えばブリスベン市内の中心地から、ゴールドコーストの中心地(サーファーズパラダイス)まで移動するとします。直接電車一歩で移動できないので、電車でゴールドコーストまで移動してバス又はGリンク(ライトレール=路面電車)を利用します。さて値段を比較してみましょう。全ての料金は2時間以内の乗換を含んでいます。一回のシングルチケットを買うと$18.50です。もし『go-card』を持っていれば、12.71で乗ることができますし、オフピークシーズンであれば(午前9時以降の乗車)$10.17とほぼ半額になります。

ブリスベンからゴールドコーストに行って数回バスやGリンクを利用すれば、『go-card』を購入する元が取れるだけなく、往復すればお釣りが戻って来ます。何回も利用するなら『go-card』を買う魅力がありますね。ただしこの『go-card』を利用しても、『エアートレイン』は割引になりませんので注意して下さい。

ゴールドコーストとブリスベンに観光する旅行者には、『SEEQカード』が便利です。これには空港から出発している『エアートレイン』を含めて、すべての電車、バス、フェリーそしてGリンクを利用することができます。3日間パスで$79、5日間バスで129ドルとちょっと安くはありませんが、空港から往復30ドルすることを考えれば、乗り放題ですから元が取れるかもしれません。特にゴールドコーストでテーマパークに行く人は、このカードを持っていると便利ですよ。詳細については、トランスリンクのサイトをご覧下さい。

トランスリンクの自動販売機

トランスリンクの自動販売機

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中