冬の気配@デナリ

二週間前デナリに行った時は、紅葉が始まり秋の気配を感じましたが、わずか二週間で冬になってしまったデナリです。山の上は『ターミネーションダスト』と呼ばれる雪が、8月下旬に降ったかなと思ったらその後ずっと雪が続いているそうです。昨日雨の中友達に会いにデナリに行ってきました。確かに山の上は完全に雪でしたね。私がいるロッジでも寒かったけど、まだ雪は降っていません。

この所毎日ハプニングが続いています。デナリの一代事件でも紹介しましたが、その後『二度目の停電』、ディゼール発電機の電気を再利用できるようにする話もでているようです。このまま何度も『停電が発生』したら、ホテルのゲストだけなく、スタッフにも大きな影響がでます。これから長〜い冬に入りますが、停電は珍しいことではありません。冬に停電になったら何日も続く上だけでなく、生命の危機にさえ影響ありますからね。

月曜日は氷河遊覧観光に出かけたお客さんが、急な悪天候のために、氷河に閉ざされました。以前にもお話しましたが、デナリ周辺の天候は夏でも雪が降ります。去年は4日も氷河に閉ざされたアメリカの家族がいました。幸いにもその日の夕方までには脱出できましたが、氷河観光される時には、この点も注意しておいて下さいね。

またその日の夕方は交通事故が発生して、ふたりの方が亡くなりました。交通事故は良く発生します。私もムースと車4台の衝突事故現場を、アンカレッジに行く途中で目撃しました。一般道路を時速100km以上で飛ばしていますからね、アラスカでレンタカーする時は、充分注意して運転して下さい。

そして昨日は崖崩れが発生して、デナリ〜トルキーナ間の運転が中止になりました。この間を移動するお客さんは皆バス移動に切り替え、列車の旅を期待していた人達はガッカリかもしれません。崖崩れはその後どうなったかわかりませんが、今日もたくさんの人が列車で移動します。自然災害なので誰にも文句が言えません。早く復旧することを願っています。

デナリ国立公園もすっかり雪に閉ざされ始めているようです。いつもお客さんにお薦めている『ツンドラウィルドネスツアー』が雪にためにキャンセルになりました。あと一週間程でシャトルも終わる予定ですが、このツアーは9月20日までの予定でした。果たして再開するのはいつになるやら、あっという間に秋を通り越して『冬の装い』を始めたデナリです。

色づいたクランベリー

色づいたクランベリー

広告
カテゴリー: アラスカ2014 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中