スワードへの小旅行 その2『スワードの魅力』

スワードはアンカレッジから210km程南に離れた所にあります。バスや列車でもこれますが、車で来ると途中のステキな景色の所で停まることができますね。アンカレッジから約3時間の旅ですが、入り江、氷河、川、山と、風光明媚な景色が続きます。アラスカの海岸線は雨が多いので、なかなか晴れることが少ないようですが、私達も一日目は雲ってあまり良い景色がみれませんでした。しかし二日目はすごい良い天気に恵まれました。

アラスカと言えば『デナリ』が一番の観光地かもしれませんが、海岸線もすばらしいですね。特に山や氷河と海がある景色は、昔住んでいたカナダのバンクーバー周辺を思い出します。アラスカクルーズに乗船したら、バンクーバーからスーワードまで、こんな景色が延々と続いているのでしょうね。そうですスーワードはアラスカクルーズの寄港地のひとつなのです。私が働いているロッジの関連会社のクルーズ船も、週に一度ここに入港します。されにいくつかのクルーズ船が入港するようで、その度にこの街は賑わうようです。

クルーズ船が入港しなかったら、漁業の街として賑わっていたのでしょう。サーモンが上って来るこの時期、たくさんの人達が魚釣りにきていました。途中で見かけた車は、車よりも大きな網を積んでいました。魚釣りにはいろいろ規則もあるようですが、海岸線から釣る人、ボートをチャーターして行く人、スポーツフィッシングのツアー会社もたくさん並んでいました。魚釣りを楽しんだ人は、その日の獲物を前に記念撮影して、内蔵など不必要な部分を取り除ききれいにしていました。

そのサーモンを浜辺でグリルにしたら美味しいでしょうね。なかなか新鮮な鮭が食べれなので、ちょっとよだれが出そうになりましたよ。魚屋は必要ないですね、自分で必要な分釣ればよいのですから。ラッコが貝を割って食べていましたが、貝を採るために潜るには水は冷た過ぎます。どんな貝が採れるのかは知りませんが、アメリカ人て日本人のように貝は食べないような気がします。だって魚屋さんでもあまり見かけませんよ。

モーターホームで来る人もたくさんいました。海の側にあるキャンプ場には、入り切れそうにないほどRVが駐車していました。ホテルもたくさんありますが、夏の間は値段が高くなるようです。テントを持っていればわずか10ドルです。ただし雨が降ったらテントで寝たくないけど、、。バックパッカーもありましたよ。今回泊まった所は、ドミトリーで1泊25ドルでした。一部屋に6人、男女ミックスだったのは嫌だったけど、やっぱり安いのは有り難いですね。この街の魅力を一口で言うのは難しいけど、とても魅力的な小さな街でした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告
カテゴリー: アラスカ2014 タグ: パーマリンク

2 Responses to スワードへの小旅行 その2『スワードの魅力』

  1. moonbeam より:

    なんか心がほっとするような所ですね。
    行ってみたいです。

    • takechan より:

      MBさんコメントありがとうございます。
      はいいろいろ歩いて忙しかったけど、
      のんびり出来たのは確かです。
      山も好きだけど、海をみるとホッとしますね。
      アラスカに来る機会があったら、
      是非ここまで足を延ばして下さいね。
      来年アラスカで会えるでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中