トルキーナリバーフロート@アラスカ

デナリ登山のベース『トルキーナ』は、アンカレッジから110マイルほど北に行った所にあります。ここまで列車やバスで来ることができますが、ここに滞在する日本人旅行者は少ないようです。私も今いるロッジで働かなかったら、行く機会もなかったかもしれません。2010年に遊びに来た時は、デナリから列車で来て、そのままデナリに戻ったのを覚えています。

しかしクルーズ船の旅行者が来るようになってから、観光客相手にアトラクションも増えました。お陰でアンカレッジから日帰りや週末を利用して遊びに来る、地元の人達も増えて来たそうです。遊覧飛行は高いのでそう簡単には利用できませんが、ジェットボートやリバーフロートは、年齢に関係なく人気があるようです。

 

リバーフロート

リバーフロート

トルキーナは3つの川が集まる所です。先住民のアサバスカンの言葉で『たくさんある川』という意味があります。3つの川が集まると川幅も広くなり、対岸をみるのも大変な程です。むかしやって来た人達は、この川が邪魔をしたお陰で、川が凍る冬にしか移動できなかったそうです。今ではボートもありますが、それでも対岸に行くのは大変ですね。

さてそんなトルキーナで人気があるのが、リバーフロート(リバーラフティング)です。川幅が広いのでホワイトウォーターラフティングは楽しめませんが、ガイドがパドルを操ってくれて、何もしなくて良いリバーフロートは、私にとって楽なツアーのひとつです。ラフトボートにのってゆっくりと川に浮かんでいれば、ガイドが全部やってくれます。

森の中で歌うおじさん

森の中で歌うおじさん

ジェットボートと異なり、嫌なエンジンの音もありません。鳥の歌声を聴いて、そよ風に吹かれながら、緑の中で浮かんでいるのは気持ちが良いですよ。野生動物を見る機会もあれば、サーモンが川を登って来るのを見ることもできます。アラスカに来たら、大自然の中に身をおいてみませんか?

リバーフロートは4時間の『チュリチュナリバーフロート』と2時間の『トルキーナリバーフローと』があります。2時間のツアーではサプライズがあるんです。ツアーが終わりに街に近づいて来た頃、森の中に住んでいるキャンパーが、バンジョーを片手に歌ってくれます。彼がこの会社から出演料をもらっているのかどうかは知りませんが、夏の間はこの森の中に住んでいるそうです。

 

トルキーナからみた雄大な景色

トルキーナからみた雄大な景色

広告
カテゴリー: アラスカ2014 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中