アラスカのお花『ノボリフジ』

アラスカの特徴ある花のひとつが、6月の終わりから7月にかけて咲き誇る『ルピナス』です。花が下から咲き上がるために『ノボリフジ』とも呼ばれています。現在では園芸種が殆どのようですが、このアラスカでは野生の『ルピナス』も見ることができます。

IMG_0591 のコピー

私がいるロッジは1997年にオープンしました。最初は種を蒔いたと思うのですが、今ではロッジの至る所で見ることができます。去年は冬が長かったので小さな花が咲いていましたが、今年は冬が穏やかで春が早くきたせいか、とっても見事な『ルピナス』が咲いています。白とか赤紫とかもあるようですが、アラスカでみるのは青い花ばかりですね。ちょっと紫がかった青ですが、大きな花をみるととても見事です。

ニュージーランドも『ルピナス』が有名ですが、まだ見に行ったことはありません。でも永住権もあることだし、一度は住んで見たいとも思っていますが、、、。このアラスカで楽しみたいと思います。

IMG_0592 のコピー

広告
カテゴリー: アラスカ2014 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中