アメリカ2014 その8『ラスベガスに来たものの、、、』

今年もやって来ましたラスベガスへ!!ラスベガスに行くと言うと、『ギャングルするの?ショーを見るの?』と聞かれるけど、『ラスベガスに来て何もしない人』もいるのです。ここに来る理由は『気分転換』ですね。ロサンゼルスにずっといても退屈なので、時間があればここに遊びに来るわけです。その条件として、1安いバスのチケットが見つかったとき、2安いホテルが予約出来たときがあります。

今回もMega Busで往復10ドル+予約代金1.5ドルで予約することができました。これってグレイハウンドの片道(約23ドル)より安いですよね。もし予約して来ないことになっても、捨てても良い値段ですね。と言うことで一応予約をして、それから安いホテルを探すことになります。そして今回も1泊20ドルぐらいで予約することができました。

今回も友達に会うことが目的でしたが、病気だったり、連絡がうまくつながらなくて、会うことができなかった友達も多いです。Facebookやメールで来ることを伝えたけど、返事がなかった時は、『都合が悪いんだ』と思ってあまり深追いはしません。私も友達から連絡があっても、会いたくない時は返事しませんからね。

音楽関係で働く友人

音楽関係で働く友人

今回はダウンタウンに泊まったので、ストリップ(ラスベガスのメインカジノがある所)さえも行きませんでした。フリモントストリートエクスペリエンスを見て過ごしたようなものです。1995年に始まったこのショーは、今まで家族向けのアトラクションがなかったダウンタウンに、観光客を呼び込むのに成功したようです。ストリップ界隈に宿泊するゲストも、わざわざここまで足を運んできます。

古いカジノの多いダウンタウンですが、そこには『旧き良き時代』を懐かしむ人達も多く集まってきます。私の友人は音楽関係の仕事をしていますが、彼が連れて行ってくれたステーションカジノは、『一番マネーバリューのあるバイキング』だと言っていました。初めて来た80年代なら、10ドル以下で食べれる所もたくさんありました。しかしホテルでコーヒーを飲めば1杯3ドルぐらいします。スターバックではラテやカプチーノは4〜5ドルですからね。バイキングで10ドル以下で食べれたら、『これは安い』としか言えませんね。その辺のファーストお店で食べても10ドル近くはしますよ。

あまりひとりではバイキングには行きたくないけど、今回はこの友人と3年ぶりに会います。知り合って話を聞いてみると、友達の知人でもありました。『世の中狭〜い』と思ったのは、この時ほどありませんでした。来年シドニーに遊びに来ると言うので、また会えるかもしれませんが、、。お互いに電話を持っていなくても、Facebookで連絡取り合っています。メディアの発達はこんな所で役に立ちます。

フリモントストリートエクスペリエンス

フリモントストリートエクスペリエンス

もうひとりの友人は去年アラスカで一緒に働いた友達ですが、この友達にはやられました。前日は彼の誕生日だったらしく、飲み過ぎて会う予定の日起きたのは午後4時だったそうです。ハングオーバーで頭が痛いので、、。翌日にまた4時頃メッセージが来て、『まだ会う時間あるかな??」と連絡して来たのは良いけれど、、、。結局この友人がショーアップしたのは、午後8時半を回った頃でした。この友人とは待ち合わせない方が良いようです。アラスカで同じ職場で働いています。

こんなハプニングがあっても自由に過ごせるのは、自分が住んだ街だからでしょうか?アメリカで一番長く住んだ街が『ラスベガス』です。バスの一日券はわずか2.5ドル(ストリップを走るデュースには乗れません)です。だからのんびりと過ごせるのかもしれません。

広告
カテゴリー: アメリカ旅行2014 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中