イアン・ソープ『二度と泳げなくなるかも?』

イアン・ソープと言えば、『オーストラリアが生んだ偉大なる競泳選手』です。2000年のシドニーオリンピックでは、水泳競技でいくつもの金メダルに貢献しました。2008年の北京オリンピックの前に引退、2012年のロンドンオリンピックに再挑戦しましたが、残念ながら出場することはできませんでした。英国ロイヤルカップルの結婚式に出場したりと、たまにニュースになることはありましたが、あまり表舞台に出ることはありませんでした。また2012年11月には自伝を出版して、テレビでも大きな話題になりました。

今年になってイアン・ソープの話題となれば、あまり良いニュースはありませんでした。過去にも肩の手術を受けたことがありますが、今年の1月家で落ちた時に肩の手術のためにまた入院ました。その時に処方された薬と抗うつ薬によって、抑鬱症にも悩まされているようです。今年の2月には両親の自宅付近でさまよっている所を警察に保護され、その後病院に入院しました。

『ドラッグアディクト』と言うと、何だか麻薬とかに麻痺されているようなイメージがありますが、処方された薬を大量に服用し続けると、『薬なしでは生きて行けなくなる』そうです。あのマイケル・ジャクソンを始め、有名人の死の原因として『大量の処方薬引用』もあります。脳がこの薬によって麻痺してしまい、一時的に自分の意思とは関係なく行動してしまうこともあるようです。

4月8日イアン・ソープは緊急入院しました。1月肩の手術を受けた後、そこから細菌に感染してしまったそうです。この細菌はかなり強力で彼は重症でだそうです。手術の時に入れたメタルを取り除き、まず感染を治さなければなりません。このメタルを取り除くと、肩を動かすことができなくなり、最悪の場合二度と泳ぐことができないかもしれません。一日も早く退院出来ることを願うだけでなく、明るい話題も聞きたいですね。

イアンソープの自伝『THIS IS ME』

イアンソープの自伝『THIS IS ME』

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

2 Responses to イアン・ソープ『二度と泳げなくなるかも?』

  1. くろろ より:

    イアン・ソープ覚えてます。
    オーストラリアチームのスーパーマン的存在でしたよね。
    私も、彼のあまりの強さに目を見張った一人です。

    事故で選手生命が終わったとしても、彼は生きてるから第二の人生を歩めるでしょう。
    世界的に有名なカーレーサーのミヒャエル・シューマッハーは、1月にバケーションでスキー中に事故に遭い、生死をさまよい、未だにコマから起きていません。
    彼の選手生命はこれで終わりでも、眠りから生還してほしいです。

    下の記事ですが、オーストtラリアには車検がないなんて驚きです。
    検査も簡単だし、本当にこれで大丈夫なんですか?
    オーストラリアでレンタカーを借りるのが怖くなってきます。

    • takechan より:

      くろろさんコメントありがとうございます。
      青春のエネルギーをある目標に燃やし続けた人は、
      その目標が無くなった時に、人生の意義をなくしてしまう人もいます。
      イアンソープもそのひとりかもしれません。
      浮いた話もなければ、殆ど海外にいて
      オーストラリアのメディアから逃げるような生活をしています。
      この手術でどうなるのかわかりませんが、
      二度と選手としても、コーチとしても
      スポーツに関わることはできなくなってしまうそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中