NSW州で自動車の登録更新 

車を持っているといろいろとお金がかかります。オーストラリアでは日本のような車検制度はありませんが、1万キロ又は半年毎に整備にだして、ログブックに記録してもらっています。TOYOTAエコー、1300cc3ドアーハッチバックを購入したのが、2004年でした。購入した時はそのディラーで登録とグリーンスリップを購入しましたが、翌年からは毎年登録が切れる一ヶ月前頃に、REGISTRATION NOTICEが送られてきます。

今年で10年目になる車。6年までは何の点検なしに登録を更新することができました。7年目からはその用紙に、INSPECTION REQUIRED (車検必要)と書いてありました。NSW州TRANCEPORT & MARITIME SERVICE (陸海運局)公認の所で、この用紙を持って車検を受けに行きます。こちらでは簡単にピンクスリップとも呼んでいます。以前はガーボン式の用紙で、それがピンク色をしていたようです。と言ってもだいぶ前のことですが、、。

登録更新の案内

登録更新の案内

値段はわずか36ドルぐらいです。車検と言っても10分ぐらいで終わりますので、特に予約なども必要ありません。車のヘッドライトがつくか?シグナルウィンカーが働いているか?ブレーキランプがつくか?などの点検のみです。車体がさらに古くなりさびがたくさんあったり、事故でがたがたに壊れていたら、車検を通らないかもしれません。見た目である程度整備されていれば車検を通るようです。

ここからTR&MS(陸海運局)にコンピューターで連絡が行くので、後は強制保険(グリーンスリップ)を契約すれば、オンラインでも簡単に登録更新することができます。グリーンスリップを契約したい時は、いくつか保険会社に問い合わせる方が良いです。年齢、運転歴、事故歴、車の目的用途などによって値段がことなります。WWW.GREENSLIPS.COM.AUなどオンラインで、料金を比較できるサイトがいくつもあります。

グリーンスリップの保険料比較

グリーンスリップの保険料比較

私は利用しているのはAPIAですが、車のアシストメンバーになっているNRMAとも比較してみましたが、こちらの方が安くつきました。グリーンスリップは正式名称が COMPULSORY THIRD PARTY PERSONAL INJURY INSURANCEと呼んでいます。日本で言う強制保険ですね。任意保険はCOMPREHENSIVEです。酒によって家などに突っ込む車を見かけますが、この場合にはこの保険は聞かないようです。

グリーンスリップを契約すると、自動的にTR&MS(陸海運局)に連絡されます。大抵1時間ぐらいかかるそうですが、そうするとオンラインで登録を更新できますので、わざわざオフィスまで行く必要はありません。以前は登録のシールをウィンドウに貼っていましたが、去年からそのシールがなくなりました。警察もデジタル化されたようで、車のナンバーを自動的に読み取り、登録されているか?盗難車ではないか?などを認知することができるようです。

登録シールは過去のもの

登録シールは過去のもの

必ず更新日までに更新しないと、車は走れないだけでなく、罰金が課せられます。今年は私は出発する日。それまでに登録を済ませるつもりです。そろそろ最後に検査してから半年になりますが、アラスカに行っているあ

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中