オーストラリアの自動車『ホールデン』は何処へ行く

先週末シドニーのオリンピックパークで、『V8スーパーカーシリーズ最終戦』が行なわれました。これはFIA公認のツーリングカーレースシリーズで、前身は1960年から始まったオーストラリアツーリングカー選手権です。1997年より開催されており、オーストラリアで最も人気の高いモータースポーツでもあります。

レッドブルレーシングチーム

レッドブルレーシングチーム

参戦車両は、共にオーストラリア製の『フォード・ファルコン』と『ホールデン・コモドア』をベースに改造された車で、エンジンは約635馬力を発生させる5L V8 OHVです。今年のレースからNISSANとベンツも参戦しました。『ニッサンレーシングチームが15年ぶりに出場@バサースト1000

今年の選手権で優勝したのは、Jamie Whincupです。レッドブルレーシングチーム、運転している車は、『ホールデンコモドアー』です。ホールデンは1856年に創立されたオーストラリアノ自動車会社ですが、1931年からゼネラルモーターズ(GM)の傘下にあります。

オーストラリアで唯一現存する自動車会社ですが、三菱が数年前に撤退して、さらにフォードが撤退を決めているので、国内で生産される自動車は、トヨタとホールデンのみになってしまいます。しかしオーストラリア国内の市場は小さく、海外からたくさんの車が輸入されているので、その存続が危機に瀕しています。

2016年までにGMが資本撤退して、生産中止というニュースが流れていますが、今までもその噂は流れていました。毎年100億以上の政府からの援助によって、何とか生産を続けて来ましたが、もし政府が支援を絶てば、工場閉鎖は確実になるようです。そしてオーストラリアの自動車会社の歴史に終止符が打たれます。

ホールデンコモドアー

ホールデンコモドアー

いくらトヨタがオーストラリア工場で生産を続けても、それはオーストラリアの車ではありません。あくまでもトヨタは日本車なのです。TPPにより関税が無くなれば、さらにオーストラリア産の自動車は価格競走に勝つことはできません。車が安くなれば嬉しいことですが、名車『ホールデン』がなくなるのは寂しいです。

私が初めてオーストラリアに来た頃は、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、TOYOTAと、日本車の生産工場や部品工場がありました。他にDAIHATSUやISUZUもたくさん見かけたのに、今見るのはTOYOTA、MAZDA、HONDA、NISSAN、SUBARUぐらいでしょうか?その代わり韓国車が頑張っています。

200px-Holden_logo.svg

翌日『ホールデン』は、2017年までに工場閉鎖を決定しました。これで3000人近くが失業するそうです。さらに5万人以上が関連事業で影響を受けるようです。国にもっと援助するように言っていますが、『国の補助だけに頼る体制』は、そろそろ止めた方が良いのかもしれません。

しかし『オーストラリアの象徴』と言うこともあり、国民の意見も分かれているようです。『ライフサポートとも言える援助』、今やオーストラリアの大きなトップニュースです。もし『ホールデン』が生産停止すれば、オーストラリアの最後の自動車生産会社『TOYOTA』も停止するかもしれません。もうしばらくこの問題はオーストラリアを賑わせることでしょう。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中