速報『ISPSハンダワールドカップ2013』

4日間毎日見ることはできませんでしたが、『ISPSハンダワールドカップ2013』教は朝からテレビにかじりつきでした。トップで出場したジェイソンデイ選手は、途中ボギーもあり、首位単独をキープすることはできない時もありました。しかし1アンダーをキープすることができ、最終的には10アンダーの単独首位で優勝しました。

wcl

風の強い日に活躍したのは、1ホールでイーグルと出だしから好調だったアダムスコットです。本日5アンダーと一番の好成績で、最終的に7アンダーの単独3位ででした。初日に4オーバーと散々な成績でしたが、さすがランキング2位の実力ですね。

二人の活躍のお陰で、オーストラリアはチーム対抗で24年ぶりに優勝することができました。ディ選手とスコット選手は、個別賞金だけではありません。チーム優勝の賞金も送られます。ディ選手はクイーンズランドのお母さんも見に来てくれました。彼やスコット選手がプレイする度に、親衛隊(私設応援団)が、各ホールで応援歌を合唱していました。

オーストラリアのデイーとスコット選手

オーストラリアのデイーとスコット選手

2位のトーマスボーンが、18ホールでバンカーにはまった時は、『アダムスコットが2位になるか?』とハラハラドキドキ期待しましたが、さすがプロの意地、ナイスリカバリーでボギーで抑えることができました。2位と3位では賞金も異なります。1ショットだけで何千万の違いなのです。彼の活躍のお陰で、デンマークはチーム対抗で3位を維持することができました。

日本の石川選手(5位3アンダー)と谷原選手(7位2アンダー)も活躍してくれましたが、残念ながらチーム対抗では4位に終わってしまいました。3位までに入れなかったのは残念ですが、二人はこれからの活躍が期待できる選手です。でも今日はオーストラリアチームの優勝に浮かれている私です。

優勝したデイ選手

優勝したデイ選手

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中