アメリカ2013 その25『デンバー国際空港』

アラスカのアンカレッジからロサンジェルス行きの飛行機にのりましたが、直行ではなくデンバー経由でした。地理的には少し西に移動してから戻ることになりますが、まあ安いのですから『わずか159ドル』文句は言えません。アンカレッジに飛ぶ時はフェニックス経由でしたが、アンカレッジからデンアーや、アンカレッジからフェニックスの方が、ロサンジェルに飛ぶより高いのですから頭にくるでしょうね。その分マイレージポイントも多いのに、、、。

デンバー国際空港

デンバー国際空港

今回久しぶりにデンバーの空港に立ち寄ってビックリしました。2010年テキサス州のサンアントニオからロスに飛んだ時も、この空港を経由したはずですが、あまり乗り継ぎ時間がなかったので大きく感じませんでした。今回3時間も乗り継ぎ時間があったので、その大きさにただ唖然としたものです。

空港の説明を見ていると、ユナイテッド航空がハブ空港にしているせいもありますが、アメリカでも(世界でも)最も発着便の多い空港のひとつだそうです。ロスやNYは人口は多いでしょうが、いくつも空港を作って、混雑緩和しているように思えます。羽田と成田があっても、すでに飽和状態近いのと一緒ですね。

空港内の通路

空港内の通路

添乗員時代にシカゴ空港に到着した時、その大きさにビックリしました。多分当時はシカゴが発着回数や利用者数でトップだったと思います。現在はどちらもアトランタ空港がアメリカでも世界でもトップのようです。でもこのデンバー空港もアメリカではどちらもトップ5には入っていますね。

現在滑走路が6本あるので、飛行機の発着が同時にできます。将来は12本まで拡大できる広大な敷地があるそうです。ロサンジェルス空港はそれより混雑していても滑走路は4本しかないので、いつも混雑しています。デンバー空港の場合、この空港を発着する乗客よりも、トランジットの方が多いかもしれませんね。

デンバー空港を利用して面白かったのは、ゲートB30近くのトイレに行った時、恐竜の絵がタイルに描いてありました。デンバーの近くで恐竜の骨も見つかったようですが、面白いですよね。すべてのトイレがそうなっているのかと思いましたが、そこだけだったようです。

トルネードシェルター

トルネードシェルター

そして空港でもっと面白いサインをみました。トイレの近くに遭ったサインは『竜巻用のシェルター』です。サインのあるゲートの億には銀色の丈夫そうなドアーがありました。その奥が『竜巻が発生した時に逃げ込む、避難所』になっているのでしょうか。確かにデンバーはアメリカの中央にあって、竜巻が良く発生するのでしょうかね。もちろんひとつだけでなくたくさんありました。

いよいよロスに向けて出発です。デンバーは去年バス旅行した時に、1泊したとは言え、通り過ぎた街です。今度はゆっくりと観光してみたいです。

アメリカ2013 その 24『アメリカの国内線』

アメリカ2013 その26『デンバーからロスへ』

ロサンジェルスに向けて

ロサンジェルスに向けて

 

 

広告
カテゴリー: アメリカ旅行2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中