『40歳の誕生日』を迎えたオペラハウス その1『オーストラリアのイメージ』

オーストラリアに来る観光客が、この国に抱いているイメージと言えば、『カンガルーやコアラなどの変わった動物』『世界一の岩エアーズロック』も有名ですが、やはり今や『オペラハウス』ではないでしょうか?たとえオペラハウスで観覧することはなくても、必ず写真に納めて帰国するはずです。

私が小さい頃、海外旅行はまだ『高嶺の花』でした。海外旅行のパンフレットで、海外の有名な建物、例えばNYの自由の女神やパリのエッフェル塔などを見る度に、その国に憧れました。今のようにインターネットで情報が簡単に手に入る時代ではなかったので、その国を代表するイメージが必要だったのは確かです。またそれを見るためにわざわざ旅行に行くこともあります。

オペラハウス40周年

オペラハウス40周年

オーストラリアに観光客が押し寄せるようになったのは、1988年の『オーストラリア200年祭』を迎えた後でした。それまでも『カンガルー』や『エアーズロック』は有名でしたが、まだ建設されて10数年しか経っていない『オペラハウス』を知っている人は少なかったですね。1983年に私が始めてシドニーに来た時も、この建物にそれほど興味を引かれませんでした。

オーストラリアのユニークな動物『コアラやエリマキトカゲ』の方が先に有名になり、オーストラリアが観光地として取り上げられるようになると、シドニーの街の中にあるこの美しい建物が、何度も何度もテレビや雑誌で取り上げられるようになりました。そしてシドニーに来たら必ず見てみたトップリストだけでなく、オーストラリアの代表的なイメージになったようです。

特に夏の間は、シドニーはクルーズ船の寄港地になっていますが、船がシドニー湾に入って来ると、オペラハウスとハーバーブリッジが迎えてくれます。ヨーロッパからアメリカに移民した人達が『自由の女神』を見て、やっと『自由な土地』に到着したのを喜んだように、この『オペラハウス』を見ると、長い『オーストラリアへの旅』が終わりを告げるようです。『クルーズ船で立ち寄りたい港』のトップリストにも選ばれています。

オペラハウス

オペラハウス

今日で『40歳を迎えたオペラハウス』まだ見たことない方は、是非シドニーにいらして本物を近くで見て下さい。40歳を迎えるにあたって化粧直しをしたので、とてもきれいになりましたよ。オペラハウスのツアーに参加したり、オペラやコンサートなど是非見て下さい。本日オペラハウスでは『40歳のお誕生日』を祝うイベントが行われます。

オペラハウスの建設費はいくらか知りたい方は?そして現在の資産価値は?『40歳の誕生日』を迎えたオペラハウス その2『オペラハウスの価値』に答えがあります。10月27日にはデンマーク皇太子夫妻を迎えて、特別コンサートと晩餐会が行われます。『40歳の誕生日』を迎えたオペラハウス その3『デンマークの皇太子夫妻を迎えて記念式典』

オペラハウス 公式サイト

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中