旧き良き時代の銀行@アンカレッジ

5ヶ月間の仕事を終えて、いよいよアンカレッジ空港に向います。アンカレッジまではロッジのバスで送ってもらいます。ドライバーは仕事仲間、彼も今日出発ですが、バスをアンカレッジにまだ運ばないといけないので、ついでに運転を頼まれたようです。最後の最後までご苦労さん、でもこれもちゃんと給料はでるでしょう。

最初は空港に行ってチェックインした後、夕方まで街で過ごす予定でいました。友達がホテルで一泊すると言うので、そこで夕方まで荷物を置かしてもらうことにしました。友達はラスベガスに住んでいますが、彼女と一緒に働いてたブルガリアの二人の男性も、、一緒に行動することになりました。ひとりはパリ経由でソフィアまで飛びますが、もうひとりはNYで数日滞在してから帰国するそうです。二人とも出発は夕方なので、その後一緒に空港に行くつもりです。

二人はアラスカで稼いだお金を、自国の銀行に振り込みたいというので、まず銀行に行くことになりました。ひとりは『ファーゴウェスト』ですが、もうひとりは『ファーストナショナルバンクアラスカ』です。私がハワイで利用していた銀行も『ファーストナショナルバンク』でしたが、州がことなれば全く関係ないのでしょうか。

ファーストナショナルバンクアラスカ

ファーストナショナルバンクアラスカ

フォースアベニューにあるその銀行に入ってびっくりしました。近代的な銀行ではなく、レトロな雰囲気がいっぱいの銀行なのです。カウンターは低くて、窓口にシャッターなどありません。カウンターを乗り越えたら、現金なんかわしづかみに出来そうです。そう映画やテレビでよく見た、60〜70年代の『旧き良き時代』のアメリカの銀行そのものです。

今でこそ銀行の支店に格下げされましたが、『ファーストナショナルバンクアラスカ』の本店だった所だそうで、カウンターの向うには、大きな扉(セーフティーボックス)も見えています。支店長も窓口のスタッフも、仕切りのない同一フロアーで働いているのが良いですね。みんな筒抜けで、これじゃお金を誤摩化したりもできませんよ。

座って待つような場所はあまりありませんでしたが、お客様のためにコーヒーや紅茶まで用意してあります。友達が時間がかかるようなので、コーヒーを取りに行ったら、なんとクッキーまで置いてありました。それも透明にバッグに一個一個包んであって、まるで手作りのクッキーのようでした。こんな銀行初めてです。自分の銀行じゃないけど、今度アラスカで仕事する機会があったら、この銀行のこの支店に口座を開こうかな?

友達とブルガリアの学生さん達

友達とブルガリアの学生さん達

広告
カテゴリー: アラスカ2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中