デナリ登頂を目指す方@トルキーナ 

私が働いているロッジの玄関口となるのが、『トルキーナ』です。アンカレッジから列車に乗って3時間程でこれます。車ならアンカレッジからマイルポイント98で右折します。スプルースロードに入って15マイルほどで、突き当たるのが『トルキーナ』です。観光の中心は夏ですが、冬もスノーモービル、アイスフィッフィング、ハンティングなど、冬のスポーツを楽しみに来る人もいます。

人口800人足らずの街ですが、『デナリ登山の玄関口』として知られています。『デナリに登山』を希望する方は、トルキーナにある国立公園事務所で登録しなければなりません。一人当たりの登録料は350ドルです。6200m足らずの山ですが、麓の平地からの高さが5500m以上あり、実質での高低差はでは世界一の高山です。

北米一の山『デナリ』

北米一の山『デナリ』

『世界中にある高山』が赤道近くにあるのに対して、デナリは北極圏の近くにあります。そのために夏でも頂上では、最低気温が氷点下20度近くになることもあります。さらに時速100km以上の風が吹き荒れることもあり、登山者にとっては『世界で一番困難な山』でもあります。デナリに登る方は登山経験者、またトルキーナにある『登山学校」で訓練を受けることになります。

それなりの登山道具も必要となり、この事務所でチェックを受けなかればなりません。ネパールのカトマンズでは、トレッキングする人用のレンタル屋さんがたくさんありましたが、アラスカでは殆ど見ません。デナリに登山者は『トレッキング気分』では登頂できませんので、しっかりとした道具と準備、さらに経験が必要ですね。ガイドを雇う必要もないようですが、初めての方はナショナルパークの公式サイト(英語)を読んで下さい。

トルキーナにある国立公園事務所

トルキーナにある国立公園事務所

ハドソン・ストックチームが初登頂(1913年6月7日)に初登頂してから、今年は記念すべき100年目に当たります。このチームの子孫の人達が、それを記念して登頂しました。殆どの人が登山経験がありませんでしたが、トレーニングを受けて、登頂を果たすことができました。100年前に比べると比べ物にならないような、道具と服装があります。それでも当時をしのんで麓から犬ぞりなどを使うコースを辿りました。

デナリの登山シーズンは4〜6月です。7月になると、クレパスが大きく穴を開けて危険になります。また雨も多いので、天気が比較的良いこの時期のみ許可されています。しかし天候が変わりやすいので山の上で待たされて、結局登頂を断念せざるを得ない方も多いようです。

今年の登山者数

今年の登山者数

現在麓からデナリまで歩くことはありません。ベースキャンプまで一気にセスナで飛んで、高度順応を繰り返しながら登頂していきます。例年1100名近い方が登頂しますが、登頂出来るのは50%近くです。今年は天候が安定していたせいか、67%の成功率でした。毎年雪崩やクレパスに落ちて亡くなる方もいますが、今年は心臓マヒで亡くなった方1名のみでした。

登山は簡単にはできませんが、ベースキャンプまでハイキングを楽しむツアーなどがでています。マッキンレーを愛する方にはお薦めですね。また登山もハイキングもしない方も、是非公園事務所で放送しているビデオをご覧下さい。これを見ると、『デナリへの登山』の仕方やこの山が如何に難しいか分かります。デナリについて知りたい方にはお薦めですよ。

 

広告
カテゴリー: アラスカ2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中