『デナリ国立公園』を無料で楽しむ方法

もうデナリ国立公園の観光シーズンは終わろうとしています。実は9月12日をもって主な観光バスは終わります。デナリには秋ならぬ、冬がそこまできています。デナリ国立公園を楽しむには、ツアーバスまたはシャトルバスに乗って、国立公園に行くことになります。その際には国立公園の入場料10ドルも加算されます。

しかし時間がない方や、お金がない貧乏旅行の方にも、無料で楽しんで頂くことができます。まず国立公園入り口からマイル15にある『サベージリバー』までは、無料のシャトルバスが利用できます。公園道路もここまでは舗装されていますので、自家用車でも来ることが出来ます。

サーベジリバー

サーベジリバー

車を持っていない人はシャトルバスで来ると、川沿いにあるハイキングが楽しめます。運がよければ野生動物もみることができます。もし自転車を持っている方は、舗装されているので、自転車できても楽しいですね。ここまでなら『国立公園の入場料』も取られません。

途中にパークヘッドクォータを忘れずに見学して下さい。ここはアメリカにある国立公園事務所の中で唯一『犬小屋』を持っています。冬もここにレンジャーが常駐して、スノーモービルや犬ぞりで来る観光客のためにパトロールをしています。その時に利用するのが『犬ぞり』です。スノーモービルだと、騒音がうるさいので野生動物に迷惑です。またオイルを使うと自然環境にも良くないですよね。そのために環境に調和してやさしい『犬そり』を利用しています。

公園事務所のハスキー

公園事務所のハスキー

その犬ぞりの犬達は、夏でもトレーニングしなければなりません。人間に慣れさせる意味も兼ねて、夏の間観光客にオープンしています。と言っても勝手に犬を見学はできませんが、10時、2時、4時にドッグショーが行われます。この時間にあわせて、ビジターセンターからもシャトルバスがでていますが、サベージリバーの帰りに立ち寄ったり、歩いて来ることもできます。

まず観光客は犬小屋を見学します。この間ハスキー犬に触れることもできますよ。その後見学席に移動して、レンジャーからの説明があります。最後には犬ぞりのデモンストレーションを見ることができます。実際に自分で体験できませんが、最後には犬ぞりと一緒に記念撮影することもできます。レンジャーの仕事を見学するのにも良い機会です。

国立公園内のレンジャー

国立公園内のレンジャー

ビジターセンターでは、無料のプログラムがたくさんあります。キャンプ場ではレンジャーによる無料のアトラクションがいくつか用意されています。キャンプしていない人も参加することができますが、そこまでの足は自分で確保しなかればなりません。公園入り口には大きなキャンプ場があるので、ここで開催されるプログラムなら、ホテルの宿泊者も利用できます。ホテルから歩いて45分ぐらいと言う所でしょうか。

デナリにはたくさんのハイキングトレイルがあります。ヒーリィーやシュガールーフのように山に登るちょっときついコースから、簡単に行けるコースまで数日では足りません。ネットでも情報を得ることができますが、ビジターセンターではハイキングトレイルで尋ねて下さい。

広告
カテゴリー: アラスカ2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中