デナリ観光の旅 その3『紅葉のデナリ国立公園』

私達がデナリ国立公園に行った時は、残念ながら雨でした。それでも行きは殆ど雨が降らず、アイルソンビジターセンターに到着する手前辺りから雨になり、帰りはほとんどずっと雨が降っていました。それでもひどい雲に覆われていなかったので、デナリ(マウントマッキンレー)は見れなくても、公園は見渡すことができます。

公園内のトイレ

公園内のトイレ

観光バスもシャトルバスも、バスにはトイレがついていません。だいだい90分毎にトイレストップがあります。以前は簡易トイレを使用していました。テクラニーカにすばらしいトイレが作られて以来、簡易のトイレはイグルークリークのみです。私達が乗ったアイルソンビジターセンター行きのシャトルバスでは、途中2回トイレストップがありました。いずれもトイレットペーパーはありますが、水はありませんので、ウェットティシューをお薦めしますよ。

紅葉の時季はその年によって多少ことなります。デナリの紅葉は一週間と言われていますので、はっきりとその日にアラスカにくるのは難しいですね。8月後半から9月の初めが紅葉の時季です。私達も8月の終わりに行きましたが、今年は暖かったので少し早かったようです。残念ながら一番美しい紅葉の時季を見ることはできませんでした。それでもブルーベリーを始め、アラスカデージーなどがきれいに紅葉していました。ここでは木だけでなく、草も紅葉してきれいですよ。

ブルーベリー

ブルーベリー

デナリ国立公園はツンドラ地帯にあるので、国立公園の入り口辺りぐらいしか大きな木を見ることはできません。コットンウッドや白樺が生い茂っていますが、これらの木々は、デナリが紅葉してから黄色に色づきます。お陰で9月に来ても、『紅葉は終わっても黄葉』は見れますよ。

アラスカデージー

アラスカデージー

そしてこれらの季節が、動物を見るチャンスでもあります。ただし野生動物は移動しますから、前のバスが見たとしても、次のバスが来る頃には見れない時もあります。私達は10頭のグリズリーと2頭のムースを見ました。運が良ければ、ウルフ、フォックス、カリブーやシープも見れます。

グリズリーベアー

グリズリーベアー

デナリ国立公園は高度1000M前後の所を移動しますが、場所によっては風が強い所もありますので、暖かい服装で行くのが良いですね。行った仲間のエリックはずっと半袖姿でした。一体この人の神経はどうなっているのでしょうか?半袖以外は来たことがないのかもしれません。そして雨具も持って行かれることをお薦めします。アラスカの夏は雨が多いです。

5〜7月にかけては蚊の心配もありますが、8月以降はそれほど問題もありません。鮭が登って来ると、ボウフラを食べるので、蚊が少なくなるのもあるようです。と言ってもデナリ周辺では北極海から遠いので、鮭を見ることはできません。

新雪に覆われたアラスカ連山

新雪に覆われたアラスカ連山

デナリの観光シーズンも9月中旬で終わります。また早く雪が積もるとクローズすることもありますので注意して下さい。この時期に観光を考えている方は注意して下さいね。時期は9月でも、日本で例えたら11月終わりから初冬の気温です。秋はここまで来ているけど、冬はその向うで足踏みしながら待っています。

デナリ観光の旅 その2『デナリ国立公園』

デナリ観光の旅 その4『アラスカ鉄道』

広告
カテゴリー: アラスカ2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中