パークハイウェイでデナリへ

私が現在働いてるロッジから、デナリまでは100マイル離れています。交通手段がないのでなかなか行く機会もありませんが、昨日はバスを利用してデナリまで出かけました。私が働いてるロッジは、パークスハイウェイマイルポイント133にあります。このハイウェイはアンカレッジをゼロ(出発地点)として、フェアバンクが到着地点になっています。途中小さな街しかないために、主な観光名所はマイルポイントで表示してあります。

昨日のデナリ@働いているロッジより

昨日のデナリ@働いているロッジより

パークハイウェイ沿いで一番の観光地と言えば『デナリ国立公園』ですが、ホテルやレストランが建ち並ぶ『デナリの街』は、冬は誰も居なくなってしまう観光シーズン中だけの街です。クルーズ関連会社のロッジですので、そのお客様をデナリのロッジへ、またはデナリからこちらのロッジへと移動させるバスがあります。バスを運行しているのは『トランスポテーション』というセクションですが、ツアーススクで働く私も、そのセクションのひとりです。

クルーズ関連のお客様のみならず、このロッジからデナリのロッジに移動したいお客さまは、ツアーデスクで申し込んで頂ければ、移動のバスに空席があれば手配することができます。希望者があれば『列車の手配』さえすることも可能です。私の働くトランスポテーションでは『デナリまでの運行』を担当しています。そのためもし空席があれば、お休みの日に便乗することも可能です。

パークハイウェイ

パークハイウェイ

トランスポテーションのアサインをするのが、『ディスパッチ』です。それを担当しているのが13年のキャリアを持つジョイ。30人近くいるドライバーのアサインをするのも大変なことですが、アサインだけではありませんよ。シャトルバスなどの運行は、その日のお客様の移動によって流動的になります。それを時間毎に刻々と把握して、バスをうまく回す必要もありますからね。たまにバスの故障など、途中で止むを得ない諸事情も発生します。

お休みの数日前にジョイに頼んで『デナリ』行きをアレンジしてもらいました。出発の時間はその日のお客様の移動によってことなります。デナリからのお客様を迎えいく『デッドヘッド』と呼ばれる空バスもあります。私のルームメイトがドライバーですが、その日は5台のデッドヘッドがありました。それに乗ってデナリに行くことにしました。

途中の景色@マイルポイント200

途中の景色@マイルポイント200

その日は前日からの天候が幸いして雲ひとつない晴天です。デナリまでは片道100マイル、約2時間の旅です。お休みの日に朝起きするのは辛いけど、早起きしないとデナリでの滞在時間が短くなります。お客様と一緒に行くのは嫌だし、エスコート付のバスに同乗することはできません。誰もいないバスに乗ると、前の方に座れて景色も良いし、気兼ねしなくて済みます。そしていよいよデナリに向けて出発です。

広告
カテゴリー: アラスカ2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中