アメリカ2013 その13『ティファナへの行き方』

私がロサンジェルスでガイドをしている頃は、ティファナ一日観光の専属ガイドになっていました。私が働いていた小さな旅行会社の殆どのガイドが、アメリカのビザを持っていませんでした。そのために入社してすぐにティファナ観光の研修を受け、良くティファナまでガイドしたものです。オプショナルツアーで4人までの時は、自分で運転して行ったこともあります。それ以外に個人でこの街を尋ねたことはありませんでした。

サンディエゴのトロリー

サンディエゴのトロリー

サンディエゴに来たついでに、久しぶりに国境を越えてティファナに行ってみたいと思いました。泊まっていたホステルでもティファナツアーを催行していますが、午後からの出発で戻って来るのが夜中の1時です。皆で行けば治安も問題ないかもしれませんが、ティファナは過去10年程、メキシコでも一番治安の悪い街と言われています。それはこの街が麻薬の密輸入ルートになっているからです。密売しているシンジケートの同士の抗争が後を絶たないそうです。

国境に向って

国境に向って

サンディエゴからはトロリーに乗ります。サンタフェ駅の前にあるAmerica Plazaからブルーラインに乗り、約45分程で終点のSan Ysidro/International Borderに到着します。平日なら朝5時頃から夜遅くまで、10〜15分ぐらいの間隔で運転しています。これは国境を越える人が多いせいですね。観光だけでなく、里帰りするメキシコ人もいれば、中にはメキシコ側に仕事で行くアメリカ人もいるようです。

トロリーを降りたら、すぐ目の前が国境です。有刺鉄線が張りめぐされた国境の壁が見えます。この国境を無断で越えてアメリカ移住を願う者もいれば、麻薬などを無断で持ち込もうとする者もいるそうです。進行方向左手にマクドナルドがありますが、その横にある歩道を登って行くと、メキシコ国境に入ることができます。アメリカの出国審査はありません。ティファナだけを観光してアメリカに戻って来るなら、メキシコの入国審査も簡単だと思います。72時間以内の滞在ならツーリストカードもいらないそうです。

実は私はティファナに入国しませんでした。と言うのは私がガイドをしていた頃と異なり、アメリカへの入国が厳しくなっています。ガイドをしていた頃は、一日の日帰り観光なら、簡単に再入国することができました。どんなに行列で並んでも、日本人のパスポートなら見せるだけで、簡単に入国することができたのです。

それがあのテロ事件以来、アメリカの入国審査は厳しくなっています。ましてやアメリカに不法侵入を望む中南米人や、麻薬の密輸入を企むメキシコ人が増えている現状では、ますます審査が厳しくなっています。アメリカ人や観光客用のゲートはありません。同じ列に並ぶので2〜4時間かかる時もあるそうです。その日は金曜日でしたが、一週間で一番混雑すると言われました。アメリカ側に入国するのは、朝方ならまだ空いているそうですが、夕方からは混雑が詠めないそうです。

メキシコとの国境

メキシコとの国境

と言うことで今回は入国を諦めました。今度来る時は早朝に来て、お昼過ぎには戻って来るぐらいが良いかもしれません。残念ながら暗くなったら、ティファナ市内や国境付近を、ひとりで歩くのは危険なようです。ティファナのダウンタウン行きのバス乗り場がありましたが、実際には見かけませんでした。

メキシコの入り口

メキシコの入り口

ロサンジェルスからこの国境まで来るバス会社もありました。15人乗りのバスで運行しているようです。片道25ドルですからそれほど高くありません。グレイハウンドでサンディエゴまで来て、トロリーに乗換えるより高いかもしれませんが、ロサンジェルスのダウンタウンから出ているので便利です。またティファナのバスターミナルや空港に直接行くバスもあるようです。

アメリカ2013 その12『アートウォーク@リトルイタリー』

アメリカ2013 その14『国境のアウトレット』

広告
カテゴリー: アメリカ旅行2013 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中