アダム・スコット(豪州初優勝)@USマスターズ

オーストラリアに今日は嬉しいニュースが入ってきました。優勝者に『グリーンのジャケットが授与される』ので有名なマスターズトーナメントで、初めてオーストラリアのゴルフ選手が優勝しました。優勝したのはアダム・スコット選手です。最終日18ホールでバーディーを奪い通算9アンダーで、アルゼンチン出身のアンヘル・カブレラ選手とタイになります。2ホール目でスコット選手がプレーオフを征して優勝を決めました。

今年33歳になるスコット選手は、オーストラリア出身のグレッグ・ノーマンに憧れて、ゴルフ選手を目指してました。ジュニア時代から顕著な成績を残して来たようですが、2000年にプロに転向しています。2001年にメジャー大会初出場となる全英オープンに出場し、2002年にはマスターズにも初出場して9位入賞を果たしているそうです。欧州ツアーや米国ツアーでの優勝経験もあり、2006年には賞金ランキングでは米国ツアーで自己最高の3位になっています。

2年前の第75大会では2位タイと一歩届きませんでしたが、今回初めて優勝することができました。世界ランキング1位なり、数々の優勝経験を持つグレッグ・ノーマンでさえ、このトーナメントを征することはできませんでした。折しも今日はあのアメリカンズカップで、オーストラリアのヨットが初めて優勝してから30周年の記念日になります。まさにオーストラリアにとっては『アメリカを征した記念日』です。

マスターズ最年少出場で話題になった中国の関天朗選手は、12オーバーで58位でした。スコット選手とは20歳近い年齢差があります、将来最年少優勝なども可能性があるわけで、これからの活躍も楽しみですね。今回他にもオーストラリアの選手が活躍しており、3位には7アンダーでジェイソン・デイ、4位タイには6アンダーでタイガー・ウッズと並んでマーク・リーシュマンがいます。これから世界の舞台で優勝して欲しいです。

アダムスコットby AFP

アダム・スコットby AFP

 

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中