アメリカ2012 その71『最後の街 ロサンジェルス』

ボランティアも終わっていよいよ出発の日でした。普段は金曜日に出発する人が多いですが、その週は『大腸菌騒動』のせいでボランティアが殆どおらず静かな時でした。朝食は自分でヨーグルトやパンを食べました。週末の食事は自分で用意しなければなりませんが、その週は台所が利用できずに、ジョン&ジャネット夫妻に、ずっと料理を作ってもらっていました。その二人も木曜日に出発していました。金曜日は別のご夫妻に昼をごちそうになりましたが、夜は残っていた食料品の整理のために、自分で用意してたべました。

バイセリアまでボビーに送ってもらいます。バイセリアのバスターミナルは、グレイハウンドも停まりますが、シーズンになると、『セコイヤ国立公園』のシャトルバスがでます。皆さんの中でセコイヤに行かれたい方は、是非この『Gleanings for the Hungry』でボランティア活動も旅行の計画に入れて下さい。

途中ベーカーフィールドでバスを乗り換えます。ここからラスベガスに行くバスも出ています。私はロサンジェルスに向けて出発です。いよいよ私の旅も終わりに近づきました。いつもロサンジェルスから始まり、ロサンジェルスで終わる旅です。最近長期で滞在したことはりませんが、ここに来ると治安はそれほど良くなくても安心します。今回はアメリカ一周をしましたが、ロサンジェルスとラスベガスが、私にとっては故郷のようです。

今回はダウンタウンに宿泊することにしました。そこまでバスで行くこともできますが、まだ明るかったので歩いて行くことにしました。道は分かっているし、住んでいた頃に比べるとダウンタウンの治安も少しは改善されています。と言ってもそこは大都会ですから、それなりに充分な注意が必要です。暗くなって治安の悪い所を一人歩きしないなどの常識は必要ですね。空港に近くにホテルを取ることも考えましたが、二日滞在するので移動を考えてダウンタウンにとまりました。

私の友達一家も日本に帰国しており、その翌日にアメリカに戻ってきました。空港に会いに行くことも考えましたが、すれ違うこともあります。夜に電話すると無事に着いたようで、翌日出発前に会うことになりました。日本から帰国ばかりで疲れているのに、友達に感謝しなければりません。私にとってロサンジェルスでの唯一の友達です。彼女がいなかったらロサンジェルスには行かないかもしれません。

前回待ち合わせしたユニオンステーションに到着すると、彼女がすでに来ていました。ここのスターバックでコーヒーをテイクアウトして、椅子にかけて一時間足らずでしたがお話することができました。なんと日本からのお土産も頂いて。私はお返しできるようなお土産もないので、前日日本食のスーパーで買ったお菓子をお礼に渡しただけです。これではこちらの方が恐縮してしまいます。これで私の旅も終わりですが、スムーズに行かないのが私の旅、空港で大変に遭いました。

ロサンジェルスシティーホール

ロサンジェルスシティーホール

広告
カテゴリー: アメリカ旅行2012 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中