『ブラックキャビア』23連勝記録達成

去年英国のアスコット競馬場で開かれた、『ダイヤモンドジュビリーステークス』で優勝した、オーストラリアの『ブラックキャビア』を覚えていらっしゃるでしょうか。その後オーストラリアに戻り、メルボルンカップに出走するかと言う噂も流れていましたが、陰を潜めていた記録を持つこの『ブラックキャビア』が8ヶ月ぶりに出走しました。

『ブラックキャビア』が出走したのは、2月16日メルボルンのフレミングトン競馬場(メルボルンカップが開催されるる)で行なわれた、『ブラックキャビアライトニングステークス』でした。8頭だてのレースで芝直線1000Mのコースでしたが、『ブラックキャビア』は54.52秒で、フレミングトン競馬場の記録となる好成績で優勝しました。もちろん優勝記録をさらにのばし、23レース全優勝と言う、こちらも記録を更新しました。

これからイースターにかけて、オーストラリアは秋の競馬シーズンに入ります。まだ次のレースは決まっておりませんが、オーストラリアで記録を更新して欲しいですね。7歳なので引退を囁かれていますが、引退を前にもうひとつ、ふたつぐらいは記録を更新して欲しいです。

ブラックキャビアの半弟で3歳馬の『オールトゥーハード』が、去年12月に2500万ドルで売却されました。まだ競走馬としてレースにも出走しますが、将来は種牡馬としても、すばらしい資質を持っていると言われています。『ブラックキャビア』は引退としても、サラブラレッドの母親として活躍するのでしょうか。

23 連勝を成し遂げたブラックキャビア by Australian

23 連勝を成し遂げたブラックキャビア by Australian

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中