ランス・アームストロングは告白するか?1月17日放送@oprah.com

現在アメリカ、テキサス州は1月14日です。オースティンにあるランス・アームストロングの家では、米人気司会者オプラ・ウィンフリーのインタビューが行なわれているはずです。そこで、長年否定し続けていた『薬物使用を認める供述をするかどうか?』が話題になっています。

アームストロングと言えば=ツール・ド・フランスと、自転車ファンでもない人でも思い出すことでしょう。自転車ロードレースを国際的なスポーツとして誇らしめた、最も権威のあるそして世界最大級のレースです。圧倒的にヨーロッパ勢の選手が優勝するなかで、7年連続で優勝したのがアームストロング。『5勝クラブ』と言うのがありますが、ほぼ1ヶ月に渡るロードレースで優勝するだけでも大変なことです。ましてや彼はガンから再起した後での勝利でした。

1996年にガンの告知を受けます。すでに肺や脳にも移転していて生存率は、わずか50%と言われました。彼はプロの自転車レーサーとしての復帰を前提に、特別の手術や治療を受けます。再起不能と見なされて解雇されていましたが、きっと想像できないほどのリハビリとトレーニングを積み重ねて、見事プロの選手として復帰しました。

1999年復帰後わずか2年で、ツール・ド・フランスで初優勝、その後現役引退する2005年までの間、なんと7連覇をはたしました。それ以外にも輝かしい記録を残して引退しました。。しかし2009年1月にツアー・ダウンアンダーレースに参加して、もう一度現役復帰しました。どの試合でも厳しいドーピングテストが行なわれます。今までどの検査にも合格していましたが、常に薬物依存の噂は絶えませんでした。

2012年6月12日、全米アンチドーピング機関(USADA)は、アームストロングに対し正式に『ドーピング違反である』との判定を下しました。これは世界的なトップニュースとなりました。その後の経緯についてはウィキベディアのドープング問題をご覧下さい。彼は認めませんでしたが、ガンから復帰した後の記録はすべて抹消されてしまいました。

これは彼のドーピング問題だけでは終わりません。世界中に何百万といるガン患者にとって、彼は『希望』であり『メンター』でもありました。彼の慈善事業『The Lance Armstrong Foundation』は、過去に500億ドル以上の寄付金を集め、設立した慈善団体『リブストロング』を通じてガン研究に貢献してきました。その団体が彼の名前を冠から外したと言うのですから、悪影響がでることをどれほど恐れているかが伺われます。

『アームストロング 薬物使用を告白!!』と、センセーショナルなるな見出しで、この2週間あまり世界中のメディアで話題になっていましたが、はたして彼は認めたのでしょうか?この手のインタビューには多額の出演料が支払われます。(たまに無料で出演する人もいますが)。録画したビデオは販売されますからね。アメリカで1月17日『Oprah.com』に放送されるそうです。シドニーで放送しているかどうかわかりませんが、放送後ネットでビデオが見られると思います。

本日のニュースでアームストロングは認めたと言っていました。どれだけの内容を認めたのか、17日の放送をお楽しみに。

インタビューが放送されるサイト http://www.oprah.com/index.html

アームストロング by oprah.com

アームストロング by oprah.com

広告
カテゴリー: アメリカ タグ: パーマリンク

2 Responses to ランス・アームストロングは告白するか?1月17日放送@oprah.com

  1. ポーレイ より:

    takechan0312さん、こんにちは!
    彼のドーピング事件は、日本でももちろん報道されていましたが、その後の様子は聞こえて来ないようです。
    いつも思いますが、takechan0312さんの記事は、ライターのように情報が調べられていて、調べた内容をちゃんと理解して書かれており、その内容も幅広く、本当にすごいです。

    • takechan より:

      ポーレイさんコメントありがとうございます。
      告白するかどうかは別にして、
      薬物は行けないことは確かでしょうが、
      薬だけでスーパーマンにはなれませんよね。
      私がその薬を飲んだからと言って
      ツールドフランスで勝てるわけではありません。
      基本がないと無理分けであって、
      ガンからの復帰だけでもすごいことだと思うですが、、、。

      この薬は良くて、あの薬は良くないとか。
      皆何かしらのサプリは飲んでいると思いますよ。
      私は一ヶ月走り抜く、あの強靭な身体だけでも感動します。
      ところで専門医は何時来て下さるのでしょうか。
      助けを必要な人がいっぱいいるのですが、、、。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中