センターリンク

センターリンクについてはオーストラリアのハローワーク(職安)オーストラリアの失業保険でお話したように、福祉に関する連邦政府の機関になります。健康保険の『メディケアー』や児童福祉の『チャイルドサポート』ともに、ヒューマンサービス省の管轄です。オーストラリア国内で同じような条件のもとに均一にサービスを行なうために、連邦政府で担当しています。

福祉と言えば子供から大人まで対象となりますが、両親が離婚したり、結婚していないシングルマザーや両親が死亡して子供だけが残されるなど、たくさんのケースがあるために、児童福祉に関しては別の期間が担当しています。オーストラリでは18歳から成人と見なしておりますので、18歳まではこちらで担当しているようです。

18歳を過ぎても仕事が見つからなかったり、障害が病気のために働けない、育児、介護、などのために働けない、働いても所得が少ないなど、条件に応じて政府からの援助があります。名称は日本とことなりますが、こちらではペンションと総称しており、これらを受給している人には、住宅補助、電話や電気など公共料金の補助、さらに年金受給者を対象として割引などもあります。

またオーストラリアに移住した人には、無料で英語や資格収得のための学校を紹介してくれたり、この間政府から所得援助のために年金が支給されたりします。オーストラリアに移民したばかりの人は、ここに相談して援助してもらったり、仕事の斡旋をしてもらうと良いと思います。

雇用されている間、企業はスパーアニュエーションと呼ばれる、厚生年金を支払います。これは積み立てられて、60歳になった時に受け取ることが出来ます。厚生年金は運用する会社がありますが、個人で選ぶことができますし、その運用についても、自分で選択することも可能です。運用費など手数料がかかりますし、運用したものによっては、積み立てても前年より目張りすることもあります。

老齢年金の支出は生年月日によって変動しますが、現在最高で67歳から支払われます。オーストラリアの年金は、海外にいても支払われるかと言う問題ですが、オーストラリアと同意書を交わしている国に住むと、その国の福祉厚生省から支払われます。

日本で年金をかけて、海外に住んでいる人の中には、両方の国から貰っている人もいますが。もし日本の年金しかかけていない人でも、同意書を交わしている国に永住すると、その国から年金が支払われます。金額的にはことに関して詳しく調べかねますので、その対象となる方は、日本から渡航するまえに確認しておいて下さい。

Centrelink 公式サイト

Medicare-Centrelink-706px

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中