オーストラリアのハローワーク(職安)

オーストラリアの失業保険』についてはすでにお話しましたが、失業保険を貰うには条件があり、貯金や不労所得があると、失業保険が貰えないというお話もしました。では日本のハローワークにあたるオーストラリアの職業安定所について紹介します。

仕事を探している人を『Job Seeker』と言いますが、失業したらまずセンターリンクに相談に行きます。オフィスに行っても電話でも構いませんが、もし失業保険が貰えるようでしたら手続きをします。待機期間が13週間ありますので、その間に職安が仕事を紹介してくれることになります。

センターリンクが直接仕事の紹介をしていません。センターリンク(政府機関)が民間のエンプロイメントセンター(職業紹介所)に委託しています。求職者は自分の好きなエージェントを選ぶことができます。センターリンクを通してアポイントを取り、面接に行くと担当者が決まります。

担当者は仕事の紹介のみならず、失業保険の手続きについても相談にのってくれます。さらに履歴書の書き方、仕事の面接のアポととりアドバイスもしてくれます。さらに新しい職種に付きたい場合は、資格を取るための学校紹介、政府からの援助があるかどうかなどについても相談にのります。

もしそのエージェントのサービスが良くなければ、他のエージェントに変わることもできるそうです。ただし失業保険を貰っている間は、提携しているエージェントとつねに連絡を取り合っておいた方が良いです。ただし失業保険が貰えない人には、一切仕事の紹介はしてもらえません。結局自分で仕事を探すしかないようです。

残念ながら私はサービスを受けることができませんんでした。20年以上も一生懸命働いて、貯金があるとこの国では貧乏人と見なされず、『失業保険』の対象になりません。されに仕事も紹介してもらえないとは、タンス預金をして貧乏人のフリをして、国からお金をもらうのが一番良いようです。

仕事を探すにはSeekなどのインターネットサイトを利用するか、プライベートの人材派遣会社を利用するのが良いようです。オーストラリアの人材派遣会社は、そこから仕事をカジュアルで紹介したり、中にはパーマネント(正規の雇用)を紹介している所もあります。

Centrelink 公式サイト

723304-centrelink

広告
カテゴリー: Uncategorized タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中