映画『レッドドッグの主役”KOKO”』死す 

11月10日の忠犬ハチ公生誕90周年の記念日に、オーストラリア版忠犬ハチ公について紹介しました。『オーストラリアの忠犬ハチ公『レッドドッグ』忠犬ハチ公が映画になったように、オーストラリアの忠犬ハチ公も映画になりました。去年公開された『レッド』です。

もちろん実話を元に製作された映画ですが、その主役を務めたのが、ケルピー犬のKOKOでした。彼はもともとショードッグとして活躍していました。彼は実際にキャトルドッグ(牧羊犬)として働いていましたが、2006年そのコンテストで優勝したこともあるそうです。

その3年後にフィルムトレーナーのLuke Huraによって見いだされて、映画に出演することになったそうです。KOKOは主演級としての質を備えており、映画のために必要な50以上の指示に従うことができたそうです。

映画の撮影が終了すると、プロデューサーのNelson Wossとともに、映画のプロモーションのために、オーストラリア国内を旅行しました。そこで皆さんから可愛がられ、『オーストラリアで最も親愛なる犬』は、オーストラリア一の有名犬になりました。その名声はオーストラリアだけでなく、ハリウッドではGolden Coller Awardでは、海外映画部門のベストドッグ賞を受賞しました。

彼にとってベストメイトのKOKOは心臓の病が原因で、7歳でパースでなくなったそうです。KOKOが亡くなっても、この映画のレッドドッグのように、私達の心の中に永遠に生き続けることでしょう。

これに関する記事 by SMH dated Dec 18,2012

プロデューサーとKOKO by SMH

プロデューサーとKOKO by SMH

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中