アメリカ2012 その53『バンフの友達』

 

ロッキーにあるすばらしい山や湖を見て、私の心は郷愁にかられていました。ロスに飛ぶまでここに来る予定はまったくありませんでした。グレイハウンドで旅行始めても、カナダに来る時間が充分にあるかどうかわかりませんでした。カナダに戻って来なかったら、もっとアメリカをゆっくり観光することもできましたし、行ったことのない街をもっとゆっくり観光さえ行できました。

しかしカナダに戻ってきて本当に良かったです。バンフに戻って来ると、他の街では味わえない独特の思いが込み上げてきます。それは山や湖が私を迎えてくれるだけではありません。ガイドを始めた頃の仲間がまだここには住んでいます。青春の思い出がいっぱい詰まっていて、ここに来るとそんな懐かしさに包まれるのです。

バンフで見つけたお花

バンフを離れてから何度か尋ねて来ることがありました。しかし会う友達は決まっていました。限られた時間しか滞在しないのも理由でしたが、他の人にはなかなか会うチャンスがありませんでした。今回バンフに遊びに来ると行った時、『友達が何をしたい』と希望を聞いてくれたので、出来たら以前仕事をしていた時の仲間に会いたいと伝えました。

仕事をしていた仲間と言っても、あれから25年以上も時が流れてバンフに残っている人の方が少ないです。しかし会社の社長さんの奥さんや、ガイド仲間も数人残っていました。それなのに25年間一度も会っていないと言うのですから、私の方が義理がないのかもしれませんね。

その日社長さん宅で会うことになりました。『社長の奥さん』と言うと何となく近づきがたいのですが、あれから25年時は過ぎて、会社内の上下関係もわだかまりもすべて水に流れていました。ガイド仲間を含めて皆で6人、男性のいない『女子会』です。私以外は皆バンフに住んでいますが、なかなか会う機会さえないそうです。私が尋ねたお陰で『集まる機会ができた』と喜んでもらえました。

ガイド時代住んでいたアパート

皆に会えて良かった。バンフに来る旅に『これが最後かも』と思いながら尋ねてきます。次に来る予定は立てられません。でもこれでまたバンフに戻って来る理由が増えました。待ってくれているのは、、、私が尋ねてきたいのは、、、『決してロッキーの山や湖』だけではありません。ここに友達がいる限り、ここで友達が待っていて限り、この街を尋ねてきたいと思います。

 

カテゴリー: アメリカ旅行2012 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中