ジェットスタージャパン7月3日運行開始

いよいよジェットスターが、夏休みのピークシーズンを前に運行開始になります。去年日本に行った頃は12月頃と聞いていましたが、3月1日に日本初本格的LCCキャリアー『Peach』が運行開始したこともあり、ジェットスターの運行開始が早まったのかもしれません。最初は関西空港から札幌、福岡行きの2路線で運行開始したPeachですが、現在は国内では長崎、鹿児島、そして初の国際線として韓国の仁川にも就航しています。

ジェットスタージャパンは、成田、関西、福岡、札幌、沖縄に就航する予定です。路線によって運行開始予定日がことなりますし、またこれは関係機関の認定を前提にしていますので、運行開始が変更されることもあります。日本人旅行者が多かった90年代には、成田や関西以外にも、福岡、名古屋、札幌からもオーストラリアに就航していました。残念ながら訪問者の数も中国に抜かれてしまいましたが、運行便数が減ったのも原因があります。

オーストラリアで運行開始したジェットスターは、皆さんご存知のようにカンタス航空の子会社です。現在、成田と関空に乗り入れていますが、オーストラリアはゴールドコーストとケアンズをゲートウェイ(玄関口)として、オーストラリア国内の主な都市に乗り次ぐことができます。ジェットスタージャパンの就航により、オーストラリアへのアクセスが近くなることは間違いありません。

ジェットスターはグループとして、オーストラリアだけでなく、ニュージーランド、ベトナム、そしてシンガポールを拠点にジェットスターアジアが東南アジア各国に運行しています。日本からもオーストラリアへの路線だけでなく、関西から台北経由でシンガポールに運行していますので、オーストラリアからの帰国便を東南アジア経由にしてみるのもよいですね。さらに成田からマニラに運行開始になりましたが、さらにダーウィンまで運行しています。今まで遠かったノーザンテリトリー(これからオーストラリアの冬が旅行シーズンです)にも、簡単に行けるようになりました。

日本国内ではまた5つの空港のみの就航予定ですが、日本国内線から国際線の航空券まで、ジェットスターのひとつのサイトで予約できるようになります。とっても便利ですよね、キャンペーンをやって安い航空券があるときは、ちょっと寄り道してみるのも楽しいですね。Jetmailに登録するとジェットスターの情報が送られてきます。キャンペーン料金のご案内などもありますので、登録されるのをお薦めします。私はカンタス・フリークエントフライヤープログラムのメンバーですが、ジェットスタージャパンとベトナムに運行しているジェットスターパスフィックの便は、ポイントおよびステータスクレジット獲得の対象とはならないそうです。

ジェットスター日本語ホームページ

Air Asia(エアーアジア)日本国内就航とチェックイン

新LCCキャリアー Scoot(スクート) シドニー就航

日本国内線就航発表 byJetstar FB

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中