風をつかまえた少年

 From BBC World News

私がこの少年のことをしったのは、ある雑誌のコラムにあった本の紹介からでした。”お金がなくて中学にも通えないアフリカのマラウィに住む14歳の少年が、図書館にあった本を見ながら、独学と自力で風車を作り電気を起こした。”というお話です。彼の名はウィリアム・カムクワンバさん。彼の実話をテーマに『The Boy Who Harnessed the Wind(風を操った少年)』が発刊されました。

彼が住むマラウイと言う国は、アフリカ東南に位置します。地下資源の豊富な南アフリカ、ジンバブエ、ザンビアなどと同じように英国の植民地でしたが、残念ながらこの国には地下資源も殆どありません。昔から豊かな国へ労働者を提供していました。

農業従事者が国民の90%と言われていますが、豊かな土地ではなく、殆どの人が家族が食べる物を作っている程度です。不安定な政府と農作物の生産により最貧国のひとつに数えられています。そのために家の大黒柱が収入を失えば、子供達は満足な教育も受けられませんが、それを補う福祉政策もありません。

2002年マラウィでも最悪と言われる干ばつの後、何千人と言う人が亡くなり、彼の家族も餓死寸前となりました。この時何とかしなければと言う思いに迫られた彼は、教科書に載っていた風車の写真を見て、マネして作ってみようと思い立ちます。その後地元の図書館で本を見ながら独学で勉強します。

風車を作る材料なんて到底買えませんので、ゴミ捨て場を焦っていると、近所の人達からは冷たい目で見られたようです。彼のお母さんにさえ、頭がおかしくなったと思われていたそうです。しかし彼は試作品づくりに打ち込みます。彼の同窓的なプロジェクトは、周りの人からけげんな顔つきで見られたそうですが、それは今まで風車と言う物を見たことがなかったからです。

ついに彼は自力で風車を完成させました。彼が風車によじ上り、電球をタービンに接続した時、近所の人達の笑いは驚きに変わりました。風車が回リ始めると電球が点滅したのです。見物人の人達は驚き、熱狂したそうです。それからは屋内で、夜でも物が見えるようになりました。また彼の大好きな音楽をいつでもラジオで聞くことができます。

彼のことが地元の新聞に記載されると、世界中のブロガーが彼のこと書きました。彼はその後も幾つかの風車を作りました。彼の名声は海を越えてアメリカまで届き、ついにアメリカに招待されました。テレビに出場したり、新聞の一面に掲載されたりして、沢山の人達が彼のことを知ることになります。

南アフリカにあるアカデミーで特待生として学ぶ機会を得た彼は、その傍ら自分の体験談をいろんな会議に出席して話しています。しかし将来は地元に戻り、マラウィ国民全員に電力をもたらせるように、自分の学んだことを役に立たせたいそうです。

今回の地震で原子力発電所が不測の事態に陥りました。日本は地震の国です、これからも沢山の地震が発生します。そして老朽化した原子力発電所が日本各地にあります。このような事件が二度と起きないとは言えません。今回の事故は地震によって発生した津波によるものでしたが、津波が二度と発生しないと断言することもできませんね。

原子力がないと電力が不足するとつぶやいている方々、この少年の話から何かを学んで下さい。

https://ted.com/talks/view/id/642

ウィリアム・カムクワンバ

William Kamkwamba’s blog 英語ですが彼のプログ

カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

2 Responses to 風をつかまえた少年

  1. moonbeam より:

    私も同じことを考えています。
    安全な電力を生む方法を人間は考えられるのではないかと思います。
    原子力だけではなく、オーストラリアを例に挙げても、今の方法は地球を汚すばかりです。
    頭の良い日本人が、今度の経験を生かして、生み出してくれるのを期待しています。

    M.B

    • takechan より:

      MBさんコメントありがとございます。 確かに日本人は対戦の灰の中から復興してきました。 だから力を合わせれば出来ると思います。 管PMの言うように出来るかもしれませんが、 この事故の対応の不届きはどうにかなりませんかね。 やっと日本からも不手際の意見が出ているようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中